アリ・
バガウティノフ
14-4-0( W-L-D )
Current Rank: #9 Flyweight
Fight Night Bonuses:

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 6
レコード: 14-4-0
概要: 個性

ファイター・インフォ

ニックネーム: パンチャー
出身: ダゲスタン共和国 ロシア連邦
チーム・本拠地: ダゲスタン共和国 ロシア連邦
年齢: 31
身長: 5' 4" ( 162 cm )
体重: 125 lb ( 56 kg )
Reach 65"
Leg Reach 36"

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
677
成功率 42%
287
成功させたストライキング・テクニック
0
287
スタンド 51%
18%
31%
145
52
90
打撃のディフェンス
54
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
46
成功率 37%
17
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技
パス
スウィープ
2
11
1
テイクダウン・ディフェンス
73
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ Awards
Win
アリ・ バガウティノフ
6月 18日, 2016年
90
13
5
1
0
2
6
2
R3 Decision - Unanimous
Loss
アリ・ バガウティノフ
10月 3日, 2015年
48
31
0
0
0
0
0
0
R3 Decision - Unanimous
アリ・ バガウティノフ
6月 14日, 2014年
133
36
0
2
0
0
0
0
R5 Decision - Unanimous
Win
アリ・ バガウティノフ
2月 1日, 2014年
27
49
0
6
2
1
0
3
R3 Decision - Unanimous
Win
アリ・ バガウティノフ
11月 16日, 2013年
48
43
2
1
1
0
0
0
R3 Decision - Unanimous
Win
アリ・ バガウティノフ
9月 4日, 2013年
27
38
0
3
0
1
3
2
R3 KO/TKO

バイオグラフィー

どんなトレーニングをしていますか?
同じ日なんて1日もない。どのトレーニングセッションも固有のものだ。毎回オレは多くの新しいことを学んでいる。”今苦しみ、残りの人生を王者として生きろ”さ。

ファイターとしてのトレーニングを始めたのはいつ? きっかけは?
19歳までアマチュアでレスリングをしていた。率直に言ってロシアでは最高レベルのレスラーだったけど、プロになるためのサポートがなかったんだ。その後家族の事情で2年ほど休まなければならなかった。父を亡くして、2年間はオレ一人で家族を支えなければいけなかった。それから22歳でコンバット・サンボを始めたけど、格闘技を仕事にしようなんて考えもしなかったよ。でも、今はここにいる。

どんなランクやタイトルを持っていますか?
コンバット・サンボ、パンクラチオン、フリースタイルレスリング、グレコローマンレスリング、近接格闘術、グラップリングでは国際レベルのスポーツマスター(ロシアでトップのスポーツマンに与えられる)だ。コンバット・サンボとフリースタイルレスリングではダゲスタン共和国の王者。グレコローマンレスリングではロシア選手権で入賞。コンバット・サンボとパンクラチオンで3度のモスクワ王者。パンクラチオンとグラップリングでもモスクワ王者になった。コンバット・サンボで4度のロシア王者。パンクラチオンとブラジリアン柔術のロシア王者。コンバット・サンボで2度の世界王者。コンバット・サンボのヨーロッパ王者。パンクラチオンの世界王者。MMAのユーロアジア王者。MMAのヨーロッパ王者。MMAのロシア王者。

ヒーローはいますか?
いや。

あなたにとってUFCとは?
知らせを受けた時は今までの人生で一番幸せで、一番大きな瞬間だったよ。オレが参加しているファイト・ナイツ・チームから少し前にアプローチがあり、UFCに行く時が来たって言われたんだ。偶然にもその直後にUFCから連絡が来て、彼らのプロモーションで試合に出ないかと誘われた。オレの今までのキャリアは全てこのためにあったんだ。最高のチャンスだし、すごく感謝している。絶対に自分をがっかりさせないつもりだ。

大学には行きましたか?
ああ、行ったよ。ベルゴロド経済大学だ。ファイナンシャル・クレジットのコースを修了した。

ファイターになる前の仕事は?
ダゲスタンのマハチカラはで2年間金融会社で働いていた。会計士として結構優秀だったんだぜ。

得意なグラップリングテクニックは?
試合を早く終わらせる痛いホールドが得意だけど、今は強い打撃の方が好きだ。

得意な打撃テクニックは?
特に区別はない。どれも好きだ。
●プロデビューは2009年
●ノックアウト勝ち4回、サブミッション勝ち4回(アームバー2回、RNC、ギロチン)
●1ラウンド決着は6回
●プロボクシングで1勝0敗の戦績を持つ
●デメトリアス・ジョンソン戦の黒星で11連勝がストップ

これまでのキャリア

この他の選手