アリ
バガウティノフ
13-2-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 4
レコード: 13-2-0
概要: 個性的

ファイター・インフォ

ニックネーム: パンチャー
出身: ダゲスタン共和国 ロシア
チーム・本拠地: ダゲスタン共和国 ロシア
年齢: 28
身長: 5' 4" ( 162 cm )
体重: 125 lb ( 56 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
310
成功率 42%
130
成功させたストライキング・テクニック
0
130
スタンド 53%
18%
29%
69
23
38
打撃のディフェンス
61
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
21
成功率 48%
10
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
2
5
0
テイクダウン・ディフェンス
50
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
UPCOMING
デメトリオス ジョンソン
UFC 174: Johnson vs. Bagautinov
月 日、年
-- -- -- -- --
アリ バガウティノフ -- -- -- --
勝利
ジョン リネカー 月 日、年
27 0 2 0 R3 Decision - Unanimous
アリ バガウティノフ 49 6 1 3
勝利
ティム エリオット 月 日、年
48 2 1 0 R3 Decision - Unanimous
アリ バガウティノフ 43 1 0 0
勝利
マルコス ヴィニシウス 月 日、年
27 0 0 3 R3 KO/TKO
アリ バガウティノフ 38 3 1 2

バイオグラフィー

トレーニング:毎日異なる種類のトレーニングをするようにしている。すべてのトレーニングをハイテンポで行い追い込むようにしているし、そのペースと内容の密度が良い結果をもたらすと信じている。

トレーニングを始めたのはいつですか、そのきっかけは? 19歳までアマチュアのレスリングをしていた。アマチュアのレスリング選手として、ロシアではトップレベルで活躍していたが、残念ながら良いサポートがなく、プロになれる機会がなかったんだ。その頃に父親が亡くなり、俺が家族を養う必要があって、練習は2年間休まなければならなかった。その後、22歳の時にコンバットサンボを始めた。特にプロになる事は意識していなかったが、コンバットサンボを始めて5年後の今、此処で活躍している。

ランキングやタイトルは? ロシアスポーツマスター称号(コンバットサンボ、パンクラチオン、フリースタイルレスリング、グレコローマンスタイルレスリング、徒手格闘技、グラップリング)   
ダゲスタン共和国でコンバットサンボとフリースタイルレスリングのチャンピオン、グレコローマンスタイルレスリング ロシア大会優勝者、コンバットサンボとパンクラチオンのモスクワチャンピオン3回、パンクラチオンとグラップリングのモスクワチャンピオン、コンバットサンボのロシアチャンピオン4回、パンクラチオンとブラジリアン柔術のロシアチャンピオン、コンバットサンボ世界チャンピオン2回、コンバットサンボ ヨーロッパチャンピオン、パンクラチオン世界チャンピオン、ユーラシアMMAチャンピオン、ヨーロッパMMAチャンピオン、ロシアMMAチャンピオン。

ヒーローはいますか? 居ない。

UFCで試合をすることが意味することはなんですか? UFCから誘われたときは人生で一番幸せな瞬間だったし、今でも忘れられない出来事だった。Fight Nights TeamからUFC試合出場の話しを持ちかけられたんだ。その後UFCと契約し、試合のオファーがすぐにあった。俺の経歴は此処で戦う為にあったものだし、素晴らしい機会を与えられたと感謝している。このチャンスを見逃したくはない。

大学には行きましたか、行ったなら専攻は? ベルゴロド経済大学で金融債権について学んだ。

ファイターになる前の仕事は? ダゲスタン共和国マハチカラの金融会社で2年間会計士として活躍していた。

得意なグラップリング・テクニック:痛みを伴う関節技で試合を素早くフィニッシュする事も得意だが、今はハードな打撃の方が好きだ。

得意なストライキング・テクニック:すべての打撃が得意だ。
• 2009年プロデビュー。

• KO勝利5回、サブミッション勝利4回。

• 6試合を第1ラウンドでフィニッシュしている。

• 現在10連勝中。

• プロボクシング1勝0敗。

これまでのキャリア

この他の選手