ブライアン
スタン
12-6-0( W-L-D )
戦闘こそ私の職務だ。

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 17
レコード: 12-6-0
概要: 高度なアスリート魂

ファイター・インフォ

ニックネーム: オール・アメリカン
出身: 横田空軍基地, 西東京 日本
チーム・本拠地: スクラントン, ペンシルバニア USA
年齢: 33
身長: 6' 1" ( 185 cm )
体重: 185 lb ( 84 kg )
カレッジ: 合衆国海軍兵学校
学位: 経済学

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
1002
成功率 43%
426
成功させたストライキング・テクニック
0
426
スタンド 53%
26%
21%
225
112
89
打撃のディフェンス
59
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
8
成功率 13%
1
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
3
1
1
テイクダウン・ディフェンス
61
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
敗北
ヴァンダレイ シウバ 月 日、年
43 0 0 0 R2 KO/TKO
ブライアン スタン 43 0 0 0
敗北
マイケル ビスピン 月 日、年
64 4 0 3 R3 Decision - Unanimous
ブライアン スタン 57 0 0 0
勝利
ブライアン スタン 月 日、年
18 0 0 0 R1 KO/TKO
アレッシオ サカラ 7 0 0 0
敗北
チェール ソネン 月 日、年
28 4 1 8 R2 Submission
ブライアン スタン 2 0 0 0
勝利
ブライアン スタン 月 日、年
47 0 0 0 R2 KO/TKO
ジョルジ サンチアゴ 14 0 0 0
勝利
クリス リーベン 月 日、年
7 0 0 0 R1 KO/TKO
ブライアン スタン 30 0 1 0
勝利
ブライアン スタン 月 日、年
43 0 2 0 R3 Submission
マイク マッセンツィオ 5 5 2 4
敗北
フィル デイヴィス 月 日、年
48 3 1 15 R3 Decision - Unanimous
ブライアン スタン 5 0 0 0
勝利
ブライアン スタン 月 日、年
36 0 0 1 R3 Decision - Unanimous
Rodney Wallace 15 7 2 3
勝利
ブライアン スタン 月 日、年
44 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
スティーヴ キャントウェル 35 0 0 0
敗北
クリストフ ソジンスキー 月 日、年
3 2 2 4 R1 Submission
ブライアン スタン 8 0 0 0
スティーヴ キャントウェル
WEC 35: Condit vs. Miura
月 日、年
52 0 0 0 R2 KO/TKO
ブライアン スタン 27 0 0 0
ブライアン スタン
WEC 33: Marshall vs. Stann
月 日、年
16 0 0 0 R1 KO/TKO
Doug Marshall 12 0 0 0
勝利
ブライアン スタン
WEC 30: McCullough vs. Crunkilton
月 日、年
22 1 0 0 R1 KO/TKO
Jeremiah Billington 5 0 0 0
勝利
ブライアン スタン
WEC 28: Faber vs. Farrar
月 日、年
23 0 0 0 R1 KO/TKO
Craig Zellner 3 0 0 0
勝利
ブライアン スタン
WEC 26: Condit vs. Alessio
月 日、年
5 0 0 0 R1 KO/TKO
スティーヴ キャントウェル 3 0 0 0
勝利
ブライアン スタン
WEC 21: Tapout
月 日、年
-- -- -- -- R1 KO/TKO
Miguel Cosio -- -- -- --

バイオグラフィー

トレーニング:通常は午前中にチームトレーニング、午後にはミット打ち、そして夜にグラップリング/レスリングをやっている。

トレーニングを始めたのはいつですか、そのきっかけは?:戦闘行為が私の職務であり、有事の際にマリーンズ達を率いることに備えるため、私の精神状態を戦闘モードに留めておくには、格闘技は素晴らしい方法だった。トレーニングを始めたのは2004年、カンティコ・バージニアでのプレミア・マーシャルアーツのコースでの試合の後からだ。

タイトルやランキングは?:元WECライトヘビー級王者だ。

ヒーローはいますか?:ジェイムズ・ブラウン兵長、ウィリアム・コプリンス兵長、レネ・マルティネス兵長、そしてダグラス・チャンプリン兵長。私の為に闘い、そして命を落としたマリーンズの男達が私のヒーローだ。退役した今となって他の退役軍人たちを助けることが私にとって重要なことだ。だから私はハイヤー・ヒーローズUSA(米国の英雄達を雇用しよう)と言う非営利組織を運営している。

UFCで戦うことはあなたにとって何を意味しますか?:ファイターにとって、それは世界そのものを意味している。それはこのスポーツの頂点そのもので、最大の舞台で試合をするチャンスを意味している。素晴らしいことだ。ただ試合をすると言うだけでなく、UFCで競いあうと言うのは人生の集大成なんだ。

大学には行きましたか?行ったなら専攻は?:合衆国海軍兵学校を2003年に経済学の理学士を取得して卒業した。

ファイターになる前の仕事は?:合衆国海軍の歩兵将校だった。統合対機甲小隊長として2004年から2006年に掛けてイラク・フリーダムに従軍し、2005年から2007年に掛けてはオペレーション・イラク・フリーダムの2D海兵隊3D大隊インド中隊の中隊長を務めていた。.

公式ウェブサイト


•    ミドル級戦績は3勝1敗。 

•    マッセンツィオ戦で自身初のサブミッション勝利を収めると共にファイト・オブ・ザ・ナイトの栄誉に輝く。サンチアゴ戦でもファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得。

•    グレッグ・ジャクソンの下でトレーニングを始めた後の戦績は5勝2敗。

•    元WECライトヘビー級王者-2008年3月にダグ・マーシャルを下して戴冠。2008年の8月にスティーブ・キャントウェルに破れ王座を失った。 

•    対キャントウェル戦績は2勝1敗。

•    勝利した試合でTKO/KOで無かった試合は3試合のみ。

•    これまでに2分以内で勝利したのは3試合。

•    キャントウェルとの再戦がスタンにとって初めて2ラウンドまでもつれ込んだ試合。キャントウェルとの3戦目が3ラウンドまでもつれ込んだ始めての試合。

•    US海軍兵学校ではラインバッカーを務めた。

•    2008年5月に海軍大佐としてUS海軍から退役した。

•    イラクでのマタドール作戦ではその勇敢な行動が認められ、2006年の3月にシルバー・スター・メダルを授与されている。彼の42人の部下全員が無事帰還した。

これまでのキャリア

練習仲間

ドナルド セラーニ
ドナルド セラーニ
22-6-0, 1NC
( W-L-D )
クレイ グイダ
クレイ グイダ
31-11-0
( W-L-D )

鍵となった対戦相手

クリス リーベン
クリス リーベン
22-11-0
( W-L-D )
チェール ソネン
チェール ソネン
29-14-1
( W-L-D )

鍵となった試合

結果
対戦相手
イベント
リプレイ
勝利
Chris Leben UFC® 125 RESOLUTION
勝利
Chris Leben UFC® 125 RESOLUTION

この他の選手