ダニエル
コーミエ
15-0-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 13
レコード: 15-0-0
概要: レスリング

ファイター・インフォ

ニックネーム: DC
出身: ラファエット, ルイジアナ USA
チーム・本拠地: サンノゼ, カリフォルニア USA
年齢: 35
身長: 5' 11" ( 180 cm )
体重: 205 lb ( 93 kg )
カレッジ: オクラホマ州立大
学位: 社会学

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
361
成功率 56%
201
成功させたストライキング・テクニック
0
201
スタンド 38%
33%
29%
77
66
58
打撃のディフェンス
70
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
9
成功率 67%
6
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
2
11
0
テイクダウン・ディフェンス
100
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
UPCOMING
ジョン ジョーンズ
UFC 182: Jones vs. Cormier
月 日、年
-- -- -- -- --
ダニエル コーミエ -- -- -- --
勝利
ダニエル コーミエ 月 日、年
50 3 2 11 R3 Submission
ダン ヘンダーソン 6 0 0 0
勝利
ダニエル コーミエ 月 日、年
18 0 0 0 R1 KO/TKO
パトリック カミンズ 8 0 0 0
勝利
ダニエル コーミエ 月 日、年
74 3 0 0 R3 Decision - Unanimous
ロイ ネルソン 17 0 0 0
勝利
フランク ミア 月 日、年
24 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
ダニエル コーミエ 59 0 0 0
勝利
ダニエル コーミエ 月 日、年
53 4 0 5 R2 KO/TKO
Dion Staring 8 0 0 0
ジョシュ バーネット 月 日、年
53 0 1 0 R5 Decision - Unanimous
ダニエル コーミエ 84 4 0 1
勝利
アントニオ シウバ
Strikeforce - Barnett vs. Kharitonov
月 日、年
6 0 0 0 R1 KO/TKO
ダニエル コーミエ 15 0 0 0
勝利
Jeff Monson
Strikeforce - Overeem vs. Werdum
月 日、年
15 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
ダニエル コーミエ 86 0 0 0
勝利
ダニエル コーミエ
Strikeforce Challengers 13
月 日、年
30 3 0 8 R3 Decision - Unanimous
Devin Cole 10 0 0 0
勝利
ダニエル コーミエ
Strikeforce - Houston
月 日、年
10 1 0 0 R1 Submission
Jason Riley 0 0 0 0
勝利
ダニエル コーミエ
Strikeforce Challengers 7
月 日、年
3 0 0 0 R1 KO/TKO
John Devine 2 0 0 0
勝利
ダニエル コーミエ
Strikeforce Challengers 3
月 日、年
24 0 0 4 R2 KO/TKO
Gary Frazier 13 0 0 0

バイオグラフィー

トレーニング: 典型的な一日は、起床してから子供達としばらく時間を過ごして朝食を食べさせたらジムに向かう。月水金はスパーリングとグラップリング。火土はレスリング。木曜は柔術とランニングだ。

トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかっけは? 2009年の8月にトレーニングをするようになった。試合の競技的な側面が好きだったからMMAのトレーニングをしたいと思った。闘うことが好きなんだ。

ランキングやタイトルは? 特になし。

ヒーローは居ますか?
 米国の歴史に名を残す、偉大なレスラー達は皆俺のヒーローだ。ジョン・スミス、ケヴィン・ジャクソン、ダン・ゲーブル、ケニー・マンデイ、それから俺が世界で最もタフなスポーツだと思うものに飛び込んだ男達は皆ヒーローだ。
大学には行きましたか?行ったなら専攻は? オクラホマ州立大学で社会学の学士を取得した。

ファイターになる前の仕事は? オクラホマ州立大のレスリング部のコーチだった。大学後も世界中でレスリングの試合に出たよ。

アマチュア時代の実績は? USオープン王者に6度なった。USオリンピックチームに2度(2008年はチーム・キャプテン)、パンナム・ゲームズ王者、NCAA出場、NJCAAナショナル王者に2度、2007年世界選手権3位、2007年度米国最高のレスラーに選出。世界選手権では5位、9位、3位、オリンピックでは4位だ。

好きなグラップリングテクニック: ギロチン・チョーク

好きな打撃テクニック: 右のオーバーハンド

これまでのキャリア

この他の選手