ドンヒョン
キム
19-2-1, 1NC( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 14
レコード: 19-2-1, 1NC
概要: オールラウンド

ファイター・インフォ

ニックネーム: スタン・ガン
出身: スウォン, 大韓民国 South Korea
チーム・本拠地: 釜山 大韓民国
年齢: 32
身長: 6' 1" ( 185 cm )
体重: 170 lb ( 77 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
648
成功率 51%
331
成功させたストライキング・テクニック
0
331
33%
19%
グラウンド 48%
109
63
159
打撃のディフェンス
62
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
67
成功率 48%
32
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
7
42
2
テイクダウン・ディフェンス
81
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
UPCOMING
タイロン ウッドリー 月 日、年
-- -- -- -- --
ドンヒョン キム -- -- -- --
勝利
ドンヒョン キム 月 日、年
27 1 0 1 R3 KO/TKO
ジョン ハザウェイ 27 1 0 0
勝利
エリック シウバ 月 日、年
28 0 0 0 R2 KO/TKO
ドンヒョン キム 11 1 0 1
勝利
ドンヒョン キム 月 日、年
23 3 1 8 R3 Decision - Unanimous
シアー バハドゥルザダ 5 0 0 0
勝利
ドンヒョン キム 月 日、年
22 3 2 3 R3 Decision - Unanimous
パウロ チアゴ 2 0 0 0
敗北
ドンヒョン キム 月 日、年
8 0 0 0 R1 KO/TKO
デミアン マイア 1 1 0 1
勝利
ドンヒョン キム 月 日、年
53 2 0 1 R3 Decision - Unanimous
ショーン ピアソン 32 0 0 1
敗北
カーロス コンディット 月 日、年
8 0 1 1 R1 KO/TKO
ドンヒョン キム 1 1 0 0
勝利
ネイト ディアス 月 日、年
36 1 1 1 R3 Decision - Unanimous
ドンヒョン キム 19 3 0 3
勝利
アミール サダロー 月 日、年
10 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
ドンヒョン キム 30 6 0 7
勝利
ドンヒョン キム 月 日、年
29 4 1 1 R3 Decision - Unanimous
TJ グラント 22 1 0 0
Karo Parisyan 月 日、年
24 2 1 1 R3 Overturned
ドンヒョン キム 19 2 2 2
勝利
ドンヒョン キム 月 日、年
12 3 1 5 R3 Decision - Split
マット ブラウン 48 1 2 1
勝利
ドンヒョン キム 月 日、年
77 3 0 10 R3 KO/TKO
Jason Tan 2 0 0 0

バイオグラフィー

その試合を観るための多くのファンが夜中まで起きているという韓国の英雄キム・ドンヒュンは試合のたびに両肩に母国のファンの大きな期待を背負ってオクタゴンに入る。しかしUFCに登場以来、すでにジェイソン・タン、マット・ブラウンに勝利し、ますますアグレッシブでエキサイティングな試合を見せる柔道黒帯の”スタン・ガン”は彼自身の、そして母国との約束を果たす準備は出来ているようだ。

トレーニング: キックボクシング、レスリング、そしてグラップリングをやっています。

トレーニングを始めたのはいつですか、そのきっかけは? 2004年にMMAのトレーニングを始めました。修斗とUFCのビデオを見たのですが、素晴らしいものでした。血が沸き立つ思いでした。

ランキングやタイトルは? 柔道4段です。

ヒーローはいますか?
アンデウソン・シウバ

UFCで試合をすることがあなたにとって意味することは?
 世界で最高のイベント、UFCで試合をするのは名誉なことです。また世界中のMMAのファンの皆さんに私の才能を見せることが出来る良い機会だと思っています。

大学には行きましたか、行ったなら専攻は?
 ヨンイン大学に4年間通って柔道を専攻していました。柔道はMMAに大変役に立ちます。

ファイターになる前の仕事は?
柔道選手でした。

アマチュア時代の活躍を聞かせてください 
柔道の試合ではいくつか賞を獲りました。韓国のアマチュアのMMA、キャッチレスリングそして柔術のトーナメントもいくつか優勝しました。

好きなグラップリング・テクニック:
三角絞め

好きなストライキング・テクニック:
ストレート


•    世界レベルの柔道家。

•    UFCに登場した二人目のコリアン・ファイター(一人目はジョー・サン)でUFCで勝利した始めてのコリアン・ファイター。

•    最近の10試合のうち6試合でKOTKOによる勝利を挙げている。

•    積極的で力強い。

これまでのキャリア

この他の選手