フランク
ミア
17-9-0( W-L-D )
Current Rank: #9 Heavyweight

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 24
レコード: 17-9-0
概要: 素晴らしいサブミッション、進化するストライキング

ファイター・インフォ

出身: ラスベガス, ネバダ USA
チーム・本拠地: ラスベガス, ネバダ USA
年齢: 36
身長: 6' 3" ( 190 cm )
体重: 240 lb ( 109 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
622
成功率 48%
298
成功させたストライキング・テクニック
0
298
スタンド 42%
33%
26%
124
98
76
打撃のディフェンス
37
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
44
成功率 45%
20
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技
パス
スウィープ
21
23
1
テイクダウン・ディフェンス
55
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
UPCOMING
Frank Mir
UFC Fight Night: Mir vs Duffee
月 日、年
--
--
--
--
--
--
--
--
--
Win
Frank Mir
月 日、年
1
10
0
0
0
0
0
0
R1 KO/TKO
Loss
Frank Mir
月 日、年
3
62
1
0
1
0
1
1
R3 Decision - Unanimous
Loss
Frank Mir
月 日、年
9
26
0
0
0
0
0
0
R1 KO/TKO
Loss
Frank Mir
月 日、年
24
59
0
0
0
0
0
0
R3 Decision - Unanimous
Frank Mir
月 日、年
59
17
0
0
0
0
0
0
R2 KO/TKO
Win
Frank Mir
月 日、年
6
21
1
0
1
1
2
0
R1 Submission
Win
Frank Mir
月 日、年
46
21
6
0
0
0
6
0
R3 Decision - Unanimous
Win
Frank Mir
月 日、年
25
19
0
0
0
0
0
0
R3 KO/TKO
Frank Mir
月 日、年
3
49
0
0
0
0
0
0
R1 KO/TKO
Win
Frank Mir
月 日、年
2
0
0
0
1
0
0
0
R1 Submission
Frank Mir
月 日、年
47
4
1
0
0
0
2
0
R2 KO/TKO
Frank Mir
月 日、年
37
10
1
0
0
0
0
0
R2 KO/TKO
Win
Frank Mir
月 日、年
2
16
0
1
3
0
0
2
R1 Submission
Win
Frank Mir
月 日、年
4
1
1
0
1
0
2
0
R1 Submission
Loss
Frank Mir
月 日、年
15
2
0
0
0
0
1
0
R1 KO/TKO
Win
Frank Mir
月 日、年
53
48
3
0
0
1
4
0
R3 Decision - Unanimous
Loss
Frank Mir
月 日、年
31
3
1
1
0
0
1
0
R1 KO/TKO
Frank Mir
月 日、年
3
2
0
1
1
0
0
0
R1 Submission
Win
Frank Mir
月 日、年
28
18
4
0
2
0
4
0
R2 KO/TKO
Win
Frank Mir
月 日、年
4
1
1
0
4
0
3
0
R1 DQ
Win
Frank Mir
月 日、年
0
1
0
0
2
0
0
0
R1 Submission
Loss
Frank Mir
月 日、年
34
6
0
1
0
3
0
0
R1 KO/TKO
Win
Frank Mir
月 日、年
4
0
0
1
1
0
0
0
R1 Submission
Win
Frank Mir
月 日、年
3
1
0
0
1
0
1
0
R1 Submission

バイオグラフィー

俺はマーシャルアーツに生まれたんだ。

トレーニング: 朝はカーディオ、午後はスタンド、そして夕方か夜にBJJとドリルにフォーカスしたグラウンドをやっている。

トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかけは? 俺はマーシャルアーツに生まれたんだ。俺の親父は自分のスクールを持っていた。彼は俺が生まれる前からトレーニングをしていたんだ。彼がスタジオに行くとき俺はいつだってそこにあったロッキングチェアーに座っていた。ちょっと大きくなった頃の俺はスクール中を走り回って皆を困らせる小さな子供だったよ。俺はそこで行なわれていることを理解できるようになった12歳か、13歳ころまでは本当の意味でトレーニングをスタートすることはなかった。それまでは誰もいない空中に向かってパンチを打ったりしていたね。14歳の頃にフルコンタクトのスパーリングをするようになった。スクールのオーナーの息子と言う自負心から、たとえ大人が相手と言えどもやられるわけにはいかない、っていう責任感を感じていた。俺の親父はボクシングの基本と拳法を混ぜ合わせたスタイルを作っていた。親父のスクールはそれほど大々的にやっていたわけではなかった。フルコンタクトのスパーリングとコンディショニングに主眼を置いているような部分があった。1年も通い続ければタフになれたよ。あの頃の練習のおかげでいまだにアゴの噛み合わせが悪いんだ。

ランキングやタイトルは? もとUFCヘビー級王者、元UFCヘビー級暫定王者、ブラジリアン柔術ではヒカルド・ピレスから黒帯を取得した。ジ・アルティメット・ファイター、シーズン8のコーチを務めた。

ヒーローはいますか? ブルース・リー。

好きなテクニックは? 関節技全般。

UFCで試合をすることがあなたにとって意味することは? 俺は目的を達成しないと気がすまない性分なんだ。俺はUFCヘビー級の世界王者になりたい。俺にとってあのタイトルは世界で最もコンプリートな、最も完成したマーシャル・アーティストであることの証なんだ。

大学には行きましたか?行ったなら専攻は? 行ってない。その代わりに自分のマーシャルアーツのトレーニングに集中していたんだ。

ファイターになる前の仕事は? ラスベガスのステーションカジノのフロントデスクで働いていた。


•    合衆国憲法修正第2条の熱心な提唱者。 (警察官の息子として生まれる。ミアの父親もマーシャルアーティストであり、ケンポー・カラテ達人。)

•    ホイス・グレイシーUFCで戦うのを観て感銘をうけ、ブラジリアン柔術を始めた。

•    2004年に深刻なオートバイ事故により、両膝のすべての靭帯を断裂、人体で最も強固な太ももの骨の粉砕骨折と言う大きな怪我を被ったがそこからUFC史上もっとも偉大な復活を果たした。その事故はミアがティム・シルビアとUFCタイトルを賭けて戦い勝利したわずか数週間後に発生。キャリアの終焉と言う恐怖や自己憐憫の感情に打ち克ち2年半でオクタゴンに復帰。その後はUFC暫定王座の獲得を含む6勝4敗と言う成績を残している。

•    プロデビューは2001年。

•    WECではコメンテイターとして活躍。ESPNのMMAライブでもゲスト・コメンテイターとして登場している。

•    高校時代にレスリングではネバダ州王者に輝いた。しかしそのキャリアも始めは0勝9敗と言う厳しいスタートだった。

これまでのキャリア

鍵となった対戦相手

シーク コンゴ
シーク コンゴ
28-8-2
( W-L-D )
ミルコ クロコップ
ミルコ クロコップ
31-11-2, 1NC
( W-L-D )

鍵となった試合

結果
対戦相手
イベント
リプレイ
勝利
Minotauro Nogueira UFC® 92 THE ULTIMATE 2008

この他の選手