ミルトン
ヴィエイラ
13-8-2( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 4
レコード: 13-8-2
概要: サブミッション

ファイター・インフォ

ニックネーム: ミルティーニョ
出身: リオデジャネイロ ブラジル
チーム・本拠地: リオデジャネイロ ブラジル
年齢: 35
身長: 6' 0" ( 182 cm )
体重: 145 lb ( 65 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
112
成功率 42%
47
成功させたストライキング・テクニック
0
47
スタンド 77%
15%
36
4
7
打撃のディフェンス
49
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
9
成功率 67%
6
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
0
3
0
テイクダウン・ディフェンス
33
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
敗北
ゴドフレイド ペペイ 月 日、年
36 0 0 2 R3 Decision - Split
ミルトン ヴィエイラ 17 5 0 0
引き分け
フェリペ アランテス 月 日、年
38 2 0 0 R3 Decision - Split
ミルトン ヴィエイラ 30 1 0 3
勝利
Sterling Ford
Strikeforce Challengers 18
月 日、年
-- -- -- -- R1 Submission
ミルトン ヴィエイラ -- -- -- --
敗北
Hayato Sakurai
PRIDE Bushido 7
月 日、年
32 5 0 5 R2 Decision - Unanimous
ミルトン ヴィエイラ 4 2 2 0

バイオグラフィー

トレーニング: 得意な寝技を磨き上げているが、セルジオ・クーニャの指導で打撃も強化している。相手の戦略を無効化するために、俺のキャンプでやっている打撃のトレーニングが持っている要素は重要なんだ。セルジオ・クーニャはかつてはシュート・ボクセにいた実績のある打撃の指導者で、彼がキャンプにいることの意義は大きい。レスリングやストレングス&コンディショニングにもハードに取り組んでいる。

トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかけは? ルタ・リーブリを若い頃に始めたんだ。その数年後にカーウソン・グレイシーにであった。彼が俺をサポートしてくれて、俺は彼のチームに参加した。そこから俺のファイターとしてのキャリアが始まって、それ以来後ろを振り返ったことなんて一度もないよ。

ランキングやタイトルは? アブダビコンバットに2度出場、ルタ・リーブリ・ブラジル王者、ルタ・リーブリの州王者に3度、そのほかのノーギの大会でも結果を残している。

ヒーローは居ますか? 父親が俺のヒーローだ。

あなたにとってUFCとは?
この10年間、俺がそのファイターとしてのキャリアを通じて積み上げてきたものの集大成だ。これは俺にとって夢の実現であり、非常に重要なことなんだ。

大学には行きましたか?行ったなら専攻は? 大学には行っていない。MMAに集中するために大学は途中でやめてしまった。

ファイターになる前の仕事は? 俺の人生にはつねに戦いがあった。俺は人生を通じてのマーシャルアーティストなんだ。子供の頃は父親の仕事を手伝ったこともある。俺の親父はテーラーなんだ。

プロでの実績は? PRIDE、DEEP、M-1、ビテッチ・コンバット、それにメッカに出場した。

格闘技の段位: ブラジリアン柔術黒帯、ルタ・リーブリ黒帯。

得意なグラップリングテクニック: アナコンダ・チョーク

得意な打撃テクニック: フライング・ニー

•    アナコンダ・チョークの生みの親として知られる。

•    2011年8月のStrikeforceでスターリング・フォードをサブミッションで下してのUFC出場。

•    9つのサブミッション勝利。

•    プロデビューは2001年。

•    DEEP、PRIDE、修斗などに出場。

•    2005年のPRIDEで桜井“マッハ”速人に敗北。

これまでのキャリア

この他の選手