ペニントン
ラケル・
8-6-0( W-L-D )
Current Rank: #8 Women Bantamweight
Fight Night Bonuses: 1 Performance of the Night

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 7
レコード: 8-6-0
概要: オールラウンダー

ファイター・インフォ

ニックネーム: ロッキー
出身: コロラドスプリングス, コロラド州 アメリカ
チーム・本拠地: コロラドスプリングス, コロラド州 アメリカ
年齢: 27
身長: 5' 7" ( 170 cm )
体重: 135 lb ( 61 kg )
Reach 67"
Leg Reach 37"

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
697
成功率 51%
356
成功させたストライキング・テクニック
0
356
スタンド 54%
クリンチ 35%
193
126
37
打撃のディフェンス
66
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
22
成功率 41%
9
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技
パス
スウィープ
6
5
0
テイクダウン・ディフェンス
68
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ Awards
Win
ペニントン ラケル・
8月 20日, 2016年
33
15
3
1
1
0
2
2
R3 Decision - Unanimous
Win
ペニントン ラケル・
4月 16日, 2016年
66
75
0
0
0
0
0
0
R3 Decision - Split
Win
ペニントン ラケル・
9月 5日, 2015年
41
41
4
2
1
1
0
1
R2 Submission
Performance of the Night
Loss
ペニントン ラケル・
2月 28日, 2015年
40
44
0
0
0
0
0
0
R3 Decision - Split
Win
ペニントン ラケル・
12月 6日, 2014年
5
11
1
1
1
0
0
1
R1 Submission
Loss
ペニントン ラケル・
3月 15日, 2014年
82
66
2
3
2
0
0
3
R3 Decision - Split
Win
ペニントン ラケル・
11月 30日, 2013年
42
80
0
1
0
1
0
2
R3 Decision - Unanimous

バイオグラフィー

どんなトレーニングをしていますか?
朝は毎日、MMA、ムエタイ、レスリングのトレーニング。午後はストレングス&コンディショニングで、夕方はスパーリングと柔術に集中する。

ファイターとしてのトレーニングを始めたのはいつ? きっかけは?
19歳で始めた。私はずっと戦いたかったんだけど、両親が絶対に許してくれなかったの。最終学年にスノーボードで背中をけがして、リハビリを頑張った。それからもっとアクティブになるために格闘技を始めたの。
 
どんなランクやタイトルを持っていますか?
アマチュアでは7勝1敗で5つのタイトルを取ったわ――135ポンドで3つ、130ポンドで1つ、125ポンドはないけど、アメリカではランキング1位よ。プロになってジ・アルティメット・ファイターに出るまでは3勝3敗で、Destiny MMAでハワイ島の世界バンタム級王者になった。
 
ヒーローはいますか?
ヒーローは母。
 
あなたにとってUFCとは?
どんなファイターにとってもUFCで戦うのは夢よ。私にとってはプロモーションの高みに着いたってことで、私だけじゃなく、家族みんなの人生を変える大きな成果だわ。世界の人たちに私の言葉を伝え、彼らにも夢をかなえることができるんだって示す道でもある。
 
大学には行きましたか?
今、医学部進学課程に行っていて、医者になるために医大に行きたいと思っているの。
 
ファイターになる前の仕事は?
学校に通ってトレーニングをしながら、サムズ・クラブでフォークリフトの操縦をして、フリーザーやクーラーを積んでいた。
 
得意なグラップリングテクニックは?
トライアングル。
 
得意な打撃テクニックは?
1-3-2のレバーキック。
●ジ・アルティメット・ファイター 18でチーム・テイトに所属
●プロデビューは2012年
●デビュー戦でキム・クートゥアに2ラウンドでTKO勝ち
●2012年にTUF 18のチームメイト、サラ・モラスに勝利
●2012年にUFCトップファイターのキャット・ジンガノに敗れる
●ノックアウト勝ち1回、サブミッション勝ち3回(RNC、ギロチンチョーク、ブルドッグチョーク)
●過去6戦で4勝
●ニックネームの由来 - 「高校時代のものよ。みんな私の名前をうまく発音できなくて、いつも“ロック-エル”って呼ぶから、それがロックに短縮されて、段々とロッキーに変化したの」

これまでのキャリア

この他の選手