ショーン
ピアソン
14-6-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 6
レコード: 14-6-0
概要: Wrestling, experience

ファイター・インフォ

ニックネーム: ザ・パニッシャー
出身: ピッカーリング, オンタリオ カナダ
チーム・本拠地: トロント, オンタリオ カナダ
年齢: 38
身長: 6' 0" ( 182 cm )
体重: 170 lb ( 77 kg )
カレッジ: ブロック・ユニバーシティ
学位: ビジネス・アドミニストレーション

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
748
成功率 40%
298
成功させたストライキング・テクニック
0
298
スタンド 77%
16%
228
47
23
打撃のディフェンス
65
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
11
成功率 18%
2
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
2
4
2
テイクダウン・ディフェンス
67
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
勝利
ショーン ピアソン 月 日、年
36 0 0 0 R3 Decision - Majority
ケニー ロバートソン 65 1 0 3
勝利
ショーン ピアソン 月 日、年
74 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
ランス ベノイスト 91 0 0 2
勝利
Jake Hecht 月 日、年
37 3 0 2 R3 Decision - Unanimous
ショーン ピアソン 41 1 1 1
敗北
ドンヒョン キム 月 日、年
53 2 0 1 R3 Decision - Unanimous
ショーン ピアソン 32 0 0 1
敗北
ジェイク エレンバーガー 月 日、年
9 1 0 0 R1 KO/TKO
ショーン ピアソン 3 0 0 0
勝利
マシュー リドル 月 日、年
35 0 1 0 R3 Decision - Unanimous
ショーン ピアソン 112 1 1 2

バイオグラフィー

トレーニング:  そんなに変化はない。ストライキング・ボードを使って打撃のトレーニングをしているし、固いものを利用して肉体の痛みに対する許容量を上げている。反撃されることがないので楽しんでできるんだ。でも自分のスキルを向上させる方法をいつでも探し続けているし、改善の為に様々な方法があることも理解している。

対戦相手、キム・ドンヒュンの印象は?
素晴らしい対戦相手だし、彼に勝利するには多くの困難を克服しなくてはならないだろう。UFCでの彼の戦いぶりを見るだけでも素晴らしい柔道を駆使したテイクダウンとコントロールを持っていることが分かる。これまで対戦したほとんどのファイターも彼のハイレベルなグラップリングによってグラウンドでトラブルに見舞われている。またテイクダウンが優れているために彼は打ち合う必要がないためその打撃も実際は評価以上のものだろう。

トレーニングを始めたのはいつですか、そのきっかけは?
 いつ始めたかは正確には覚えていない。4年次の時にレスリングチームに参加するようになって大学時代は全力で試合に取り組んだ、そしてプロのキャリアが始まったんだ。友人にUFCの最初の大会を借りてみて、それまでなかった情熱が生まれてきて、試合をするという夢が生まれたんだ。

ランキングやタイトルは? カナダでグレコローマンの国内王者に数度、カナディアン・フリースタイル国内王者、ワールド・ユニバーシティ・ゲームズ7位、UCC世界ウェルター級王者、IFCカナダミドル級王者になった。

ヒーローはいますか? 月並みに聞こえるかもしれないけど、私の両親だ。素晴らしい人間で私を育ててくれた。いつか私も彼等が私にとってそうであったように他人の模範となれる人物になりたい。」

UFCで試合をすることがあなたにとって意味することは? 正直なところまだ実感がわかないんだ。まだ初めてのUFCの直後に友人に俺もここで試合がしたいと語ったのを覚えている。昔立てた目標にたどり着くのにずいぶん時間がかかったけど、とにかくそれを成し遂げた。充実しているよ。

大学には行きましたか、行ったなら専攻は? ブロック・ユニバーシティを卒業してビジネス・アドミニストレーションの学士を取得した。

ファイターになる前の仕事は? DELLコンピューターでアカウント・マネージャーをしていた。8年くらい勤めたよ。

•    プロデビューは1999年

•    6つのKO勝利と4つのサブミッション勝利-勝利した試合で判定までもつれ込んだのは1試合のみ。さらに勝利した試合は全て1ラウンドでフィニッシュ。

•    ファビオ・ホランダ、UFCベテラン、スティーブ・ヴィグノルトに勝利(ヴィグノルトとは2勝1敗)

•    ジョン・アレッシオ、ジェシー・ボンフェルトとも対戦

•    エレンバーガーに敗北し連勝は6でストップ

これまでのキャリア

この他の選手