ディラショー
T.J.
14-3-0( W-L-D )
Current Rank: #1 Bantamweight
Fight Night Bonuses: 3 Performance of the Night / 3 Fight of the Night

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 12
レコード: 14-3-0
概要: レスリング、グラウンド&パウンド

ファイター・インフォ

出身: エンジェルズ・キャンプ, カリフォルニア州 アメリカ
チーム・本拠地: デンバー, コロラド州 アメリカ
年齢: 30
身長: 5' 6" ( 167 cm )
体重: 135 lb ( 61 kg )
Reach 67"
Leg Reach 38"
カレッジ: カリフォルニア州立大学フラトン校
学位: 運動学

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
2163
成功率 40%
868
成功させたストライキング・テクニック
0
868
スタンド 76%
14%
658
90
120
打撃のディフェンス
67
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
49
成功率 33%
16
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技
パス
スウィープ
11
20
0
テイクダウン・ディフェンス
88
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ Awards
Win
ディラショー T.J.
7月 9日, 2016年
64
49
1
0
0
0
1
0
R3 Decision - Unanimous
ディラショー T.J.
1月 17日, 2016年
109
112
1
4
0
0
0
0
R5 Decision - Split
Fight of the Night
ディラショー T.J.
7月 25日, 2015年
117
62
0
0
0
0
0
0
R4 KO/TKO
Performance of the Night
ディラショー T.J.
8月 30日, 2014年
151
62
2
0
0
0
1
0
R5 KO/TKO
Performance of the Night
ディラショー T.J.
5月 24日, 2014年
64
140
0
0
0
2
0
2
R5 KO/TKO
Performance of the Night
Fight of the Night
Win
ディラショー T.J.
1月 15日, 2014年
117
46
2
0
0
0
3
0
R3 Decision - Unanimous
Loss
ディラショー T.J.
10月 9日, 2013年
32
29
0
2
1
3
0
1
R3 Decision - Split
Fight of the Night
Win
ディラショー T.J.
4月 20日, 2013年
21
11
1
0
0
0
1
0
R1 KO/TKO
Win
ディラショー T.J.
3月 16日, 2013年
30
11
2
0
0
0
0
0
R2 KO/TKO
Win
ディラショー T.J.
7月 11日, 2012年
3
8
2
0
1
0
2
0
R1 Submission
Win
ディラショー T.J.
2月 15日, 2012年
85
11
3
0
5
1
9
0
R3 Decision - Unanimous
ディラショー T.J.
12月 3日, 2011年
2
7
0
0
0
0
0
0
R1 KO/TKO

バイオグラフィー

T.J.ディラショーとヘナン・バラオンのタイトルマッチほど、興奮し――そして驚かされた――試合はない。ディラショーは2014年5月にバラオンを下し、バンタム級王者になった。

ラスベガスのUFC 173でバラオンと対戦した時、ディラショーのプロとしての記録は10勝2敗と明らかに分が悪かった。MMA史上、最強のバンタム級と呼ばれたバラオンは、34勝1敗という記録を誇り、9年間無敗の22連勝中だった。

ところが、試合が始まるとディラショーが驚きの番狂わせを起こす。早いパンチと並外れたフットワークで5ラウンドTKO勝ちを決めるまで終始バラオンを圧倒した。

「信じるだけでいいんだぜ!」とディラショーはオクタゴンで叫んだ。「自分が世界一だって思っていれば、そうなるんだ!」

ここまでのディラショーの道のりは決して華々しくはなかった。しかし、2010年にプロに転向してからは早い成長を見せている。
 
カリフォルニア州立大学フラトン校時代にレスリングでNCAA(全米大学体育協会)の選抜選手になり、ディラショーは友人のユライア・フェイバーの勧めも あって、チーム・アルファ・メールに加わった。プロ最初の4戦で勝利していたが、突破口となったのはリアリティ番組の『ジ・アルティメット・ファイター』 に出る契約をしたことだった。彼が出場したのは2011年のチーム・ビスピン対チーム・ミラーの戦いだ。

2戦で勝利したディラショーは ジョン・ドッドソンとのトーナメント決勝に進む。2011年12月のジ・アルティメット・ファイター・フィナーレで彼はUFC公式デビューを果たすが、1 ラウンドでTKO負けを喫した。しかし、この敗北の後も彼がバンタム級のトップに上り詰めるスピードを緩めることはなかった。

事実、その後の6戦で彼は5勝を挙げ、バンタム級王者、バラオンへの挑戦権を得る。試合の勝利で彼は王座を手に入れ、UFCのパウンド・フォー・パウンドと呼ばれる存在になった。

2014年8月のバラオンとの再戦は実現しなかったが、それでもディラショーはUFC 177でジョー・ソトに5ラウンドKO勝ちして王座を防衛した。

2015年7月25日にシカゴで行われたファイトナイトではバラオン相手にタイトル防衛に成功している。
 
どんなトレーニングをしていますか?
オレの1日はまず朝練、次にレスリングかグラップリング、スパーリングをして、それから午後はBANGムエタイに取り組むって流れだね。夕方はストレングス&コンディショニングをやって、各プラクティスの間には休憩と回復の時間を取る。

ファイターとしてのトレーニングを始めたのはいつ? きっかけは?
トレーニングを始めたのは大学を卒業したあと。レスリングのキャリアは大学で終えた。レスリングでは全部の目標を達成できなかったけど、まだ戦いたかった。オールラウンドなアスリートだったから、ファイターならいけるんじゃないかと思ってね。それで挑戦したんだ。

どんなランクとタイトルを持っていますか? 
UFCバンタム級王者だ。

ヒーローはいますか?
いや。

あなたにとってUFCで戦うことの意味は何ですか?
この2年間、目指してきたものに一歩近づくことだ。

大学ではどんな学位を取ったのですか?
カリフォルニア州立大学フラトン校で、運動・臨床実践科学の学士を取った。

ファイターになる前は何をしていましたか?
学生さ。

アマチュア競技での実績は?
NCAAの選抜に3回選ばれ、(レスリングで)全米10位になった。
 

●TUF14でチーム・ビスピンに所属
●サブミッション勝ち3回(RNC2回、ネッククランク)、KO勝ち6回
●過去10戦で8勝
●プロデビューは2010年

これまでのキャリア

練習仲間

チャド メンデス
メンデス チャド
17-4-0
( W-L-D )

鍵となった対戦相手

ワレル ワトソン
ワトソン ワレル
9-5-0
( W-L-D )
ジョン・ ドッドソン
ドッドソン ジョン・
19-7-0
( W-L-D )

この他の選手