TJ
グラント
21-5-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 11
レコード: 21-5-0
概要: 巧みなサブミッション、オールラウンド、攻撃的、常に試合を自分から組み立てる

ファイター・インフォ

出身: カルガリー, アルベルタ カナダ
チーム・本拠地: コール・ハーバー, ノヴァスコシア カナダ
年齢: 30
身長: 5' 10" ( 177 cm )
体重: 155 lb ( 70 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
944
成功率 54%
510
成功させたストライキング・テクニック
0
510
スタンド 62%
28%
315
141
54
打撃のディフェンス
57
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
32
成功率 44%
14
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
5
33
5
テイクダウン・ディフェンス
37
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
勝利
グレイ メイナード 月 日、年
13 0 0 0 R1 KO/TKO
TJ グラント 26 0 0 0
勝利
TJ グラント 月 日、年
54 0 0 0 R1 KO/TKO
マット ワイマン 18 0 0 0
勝利
TJ グラント 月 日、年
164 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
エヴァン ダナム 160 3 0 0
勝利
TJ グラント 月 日、年
68 3 1 9 R3 Decision - Unanimous
カーロ プラター 27 0 1 0
勝利
シェーン ローラー 月 日、年
10 1 2 1 R3 Submission
TJ グラント 24 2 3 3
敗北
TJ グラント 月 日、年
6 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
Ricardo Almeida 48 6 0 9
勝利
TJ グラント 月 日、年
17 4 1 11 R3 Decision - Unanimous
Julio Paulino 12 0 1 0
敗北
TJ グラント 月 日、年
67 0 0 0 R3 Decision - Majority
ジョニー ヘンドリックス 53 8 0 3
勝利
TJ グラント 月 日、年
28 1 0 3 R1 KO/TKO
Kevin Burns 14 0 0 0
敗北
ドンヒョン キム 月 日、年
29 4 1 1 R3 Decision - Unanimous
TJ グラント 22 1 0 0
勝利
TJ グラント 月 日、年
34 3 0 7 R3 Decision - Split
Ryo Chonan 31 2 0 0

バイオグラフィー

トレーニング: キツイトレーニングだったよ。3週間、タイのカウサムリット・ジムで過ごして打撃を磨いてきた。最後の5週間はフィットプラスにもどって試合に備えた。キャンプ全体を通して一日二度のトレーニングをしてきた。

トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかけは? 15歳のときにトレーニングを始めた。家のなかでアニキと取っ組み合いをやりすぎて、母親に嫌がられてね。最初はアニキは俺を柔術に、つぎにレスリングに連れて行ってくれた。高校を卒業したあとから打撃もやるようになった。長い課程を経てきたけど、もちろん子供達がやるようなことなら俺も全てやったよ。ずっとトレーニング一筋、というわけではなかったんだ。

ヒーローはいますか? 月並みだけどランディ・クートゥア!UFC 13のビデオをレンタルして以来大ファンなんだ!

UFCで試合をすることがあなたにとって意味することはなんですか? 燃え滾っているぜ!UFCはMMAの頂点だ。UFCで試合をするということは全てのファイター達の夢なんだ。

ファイターになる前の仕事は? 建築作業員をしていた。一日を長く感じる日々だった。

アマチュア時代の活躍を教えてください。 2001年、2002年、そして2004年に地区のレスリング王者に数度なることが出来た。2001年にロンドンで行われたカナダ・ゲームズではノヴァスコシアの代表になった。カナダ東部の様々なグラップリングと柔術のトーナメントで何度か優勝したよ。

格闘技の段位: ブラジリアン柔術茶帯をジョージ・グージェルから授与された。

好きなグラップリングテクニック: 腕十字。

好きなストライキングテクニック: ヒザ蹴り。 


•    17勝のうち13勝をサブミッションで挙げ、そのうちの8つは腕十字。肩固め、ヒールホールド、キムラ、三角絞め、そして裸絞めが一つずつ。

•    TKO勝利は2つ。

•    バーンズ戦での勝利がUFC 107のファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得。

•    2008年にはUFCベテランのチャド・レイナーとフォレスト・ペッツをサブミッションで下している。

•    最近の11試合のうち8試合に勝利。

•    ライト級では今度が2戦目。(現在1勝0敗)

これまでのキャリア

この他の選手