アントン
クイヴァネン
17-6-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 3
レコード: 17-6-0
概要: 肉体的&精神的にタフ、スピードに優れたオールラウンダー

ファイター・インフォ

出身: パルヌ エストニア
チーム・本拠地: ヘルシンキ フィンランド
年齢: 30
身長: 5' 8" ( 172 cm )
体重: 155 lb ( 70 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
223
成功率 38%
85
成功させたストライキング・テクニック
0
85
スタンド 61%
20%
19%
52
17
16
打撃のディフェンス
67
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
3
成功率 100%
3
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
1
4
2
テイクダウン・ディフェンス
71
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
敗北
マイケル キエーザ 月 日、年
5 1 2 1 R2 Submission
アントン クイヴァネン 18 0 0 0
勝利
ミッチ クラーク 月 日、年
6 3 1 1 R3 Decision - Split
アントン クイヴァネン 29 3 1 4
敗北
アントン クイヴァネン 月 日、年
38 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
ジャスティン サラス 50 4 0 1

バイオグラフィー

トレーニング: この試合に勝利するために毎日ハードなトレーニングをこなしている。自分のスピードと耐久力を向上させて、いくつか秘密のテクニックにも磨きをかけているよ。UFC 157のオクタゴンでしっかりと勝利を刻むために素晴らしいファイター達とレスリング、グラップリング、それに打撃に取り組んでいるんだ。

対戦相手、マイケル・キエーザの印象は?
 マイクはバランスの良い、そして技術のあるグラップラーだ。彼が激闘に備えてきてくれることを願っているよ、なにせ俺も全力でフィニッシュを狙いにいくからね!

トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかけは? ずっと色々なスポーツをやってきたんだ。もっとも若い頃はアイス・ホッケーとサッカーを高いレベルでプレイしていた。それらに飽きてきたので2003年にボクシングを始めた。練習をしているだけで凄く楽しかった。それから2004年にMMAの大会を観戦に行って、このスポーツに挑戦しなくちゃいけない!って感じたんだ。すぐに地元のMMAジムで始めてのトレーニングセッションに参加した。あっという間に夢中になったよ。それ以来ずっとトレーニングを試合を続けている。

ランキングやタイトルは? 2006年フィンランド・アマチュアMMA王者、2011年4月からケージ・プロモーションズのライト級王座を保持している。

ヒーローは居ますか?
俺のガールフレンドさ。

あなたにとってUFCとは? 夢がかなうときが来た、最高の奴らを相手に自分を試すチャンスだ。

大学には行きましたか?行ったなら専攻は? 行ってないよ。

ファイターになる前の仕事は? いろんなパートタイムの仕事をやった。プロに転向する前に最後にやっていたのはレーザー・タグ・トラックのオペレーターだ。

アマチュア時代の実績は? 8勝0敗、4KOだ。

好きなグラップリングテクニック: 飛びつき腕十字

好きな打撃テクニック: レバー・ブロー

•    プロデビューは2006年。

•    8つのサブミッション勝利、4つのKO勝利を挙げている。

•    サラス戦で敗北し、連勝記録は9でストップ。

•    2008年WECベテランのベンディ・カシミアに喫したサブミッション負けがUFC登場以前の最後の敗北。

これまでのキャリア

鍵となった対戦相手

ジャスティン サラス
ジャスティン サラス
12-6-0
( W-L-D )

この他の選手