ブライアン
ヒューストン
4-2-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 2
レコード: 4-2-0
概要: レスリング、ムエタイ、ボクシング

ファイター・インフォ

ニックネーム: ビー・ヒュー
出身: リバーデイル, ジョージア USA
チーム・本拠地: オマハ, ネブラスカ USA
年齢: 33
身長: 6' 2" ( 187 cm )
体重: 185 lb ( 84 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
84
成功率 36%
30
成功させたストライキング・テクニック
0
30
スタンド 80%
20%
24
6
打撃のディフェンス
53
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
1
成功率 100%
1
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
0
0
0
テイクダウン・ディフェンス
88
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
敗北
トレヴァー スミス 月 日、年
57 1 1 4 R3 Decision - Split
ブライアン ヒューストン 30 1 0 0
敗北
デレク ブランソン 月 日、年
1 0 1 1 R1 Submission
ブライアン ヒューストン 0 0 0 0

バイオグラフィー

トレーニング:朝のミット打ちから開始し、それからストレングス&コンディショニングを行う。レスリングと柔術の練習もする。その日の終わりには録画映像を見て修正すべき所などを研究するようにしている。

対戦相手、トレヴァー・スミスの印象は? グラウンドで巧みなサブミッション技術を使いこなす手ごわい相手だと思う。グラウンドで相手を押しつぶす事も得意だが、最終的にサブミッションに持ち込もうとするだろう。隙あらば、パウンドも落としてくる。面白い試合になるだろう。

トレーニングを始めたのはいつですか、そのきっかけは? 2009年7月にネブラスカ州オマハで始めた。以前はオマハ・ビーフというインドア・フットボールのチームに所属し、プレーしていた。フットボールのオフシーズン時に体力維持の為、積極的に運動したいと思った事がきっかけだった。総合格闘技はいつも興味があったので、思い切って練習を開始し、トレーニング開始から2ヶ月後に初試合をした。その試合をTKOで勝利し、とりあえず自分が試合で戦える事が分った。人生の他の事でもあるように、いつしかフットボールまたはMMAの試合を続けるか選択の岐路に立つようになった。そしてMMAを続ける道を選択した。正直なところ、フットボールをする事に飽きたというのが本音で、俺にとってフットボールの代わりとしてMMAが適していたんだ。その後、沢山の種類の格闘技を体験し、今此処にいる。

ランキングやタイトルは? 高校レスリング大会のタイトル多数、ジョージア・オールステイトチームメンバー(ナショナルレコード10勝2敗)、2010年TBAワールドムエタイ王者(クルーザー級)、2011年ナショナル・タイボクシング王者(クルーザー級)、2011年リージョナル・ゴールデングローブ王者(スーパーヘビー級)、2011年ナショナル・ゴールデングローブ銅メダリスト(スーパーヘビー級)、2011年RINGSIDEワールドボクシングトーナメント銅メダリスト、ローカルのグラップリング大会ノーギ無差別級王者。

ヒーローはいますか? 幼少期の俺を育ててくれた全ての女性達がヒーローだ。俺が強くて美しい黒人女性達に育てられて来た事に何の疑いもない。彼女達は強さ、忍耐、そして愛のある大人とは何かを教えてくれた。そして少しクレージーな部分に関しても。(笑)

UFCで試合をすることが意味することはなんですか? ようやく頂点のレベルで戦えるようになったって事だ。このような機会を与えられた事に本当に感謝している。試合で観客が見るのが俺のベストパフォーマンスだ。そう、べストを尽くせるかどうかだけが心配だ。ベストを尽くせる時は、色々な細かい事を含め全てが旨く行く。試合ではポジティブに自信を持って滑らかなテクニックを披露したい。

大学には行きましたか、行ったなら専攻は? 2000年から2001年までアラバマA&M大学、2002年から2005年まではハンプトン大学に行った。ビジネスマネージメント科を専攻し、特に情報技術を学んだ。

ファイターになる前の仕事は? プロのフットボール選手だった。ナイトクラブのセキュリティーや、タイボクシングの指導員もした。

アマチュアでの実績などは?
 2011年ナショナル・ゴールデングローブ大会でスポーツマンシップアワードを受賞した。

プロでの実績などは? プロボクシング無敗、UFC出場までかかった試合数はたったの4試合だ。

得意なグラップリング・テクニック:
スラム

得意なストライキング・テクニック:
相手をぶん殴れる打撃の全て
• 2012年にプロデビュー。

• 3試合を1ラウンドでフィニッシュしている。

• KO勝利3回、判定勝利1回。

• プロボクシング戦績1勝0敗1分け。

これまでのキャリア

この他の選手