ブライアン
メランコン
7-3-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 4
レコード: 7-3-0
概要: 非常に力強いオールラウンダー

ファイター・インフォ

出身: ヒューストン, テキサス USA
チーム・本拠地: ヒューストン, テキサス USA
年齢: 31
身長: 5' 8" ( 172 cm )
体重: 170 lb ( 77 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
63
成功率 49%
31
成功させたストライキング・テクニック
0
31
スタンド 65%
32%
20
1
10
打撃のディフェンス
65
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
1
成功率 100%
1
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
0
1
0
テイクダウン・ディフェンス
67
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
敗北
ケルヴィン ガストラム 月 日、年
14 1 1 1 R1 Submission
ブライアン メランコン 7 0 0 0
勝利
セス バジンスキ 月 日、年
13 0 0 0 R1 KO/TKO
ブライアン メランコン 24 1 0 1
勝利
ブライアン メランコン
Strikeforce Challengers 19
月 日、年
-- -- -- -- R3 Decision - Unanimous
Felipe Portela -- -- -- --
敗北
ブライアン メランコン
Strikeforce - Overeem vs. Werdum
月 日、年
-- -- -- -- R3 Decision - Split
イサーク ヴァリー・フラッグ -- -- -- --

バイオグラフィー

トレーニング: 1日に2~3度の練習をしている。朝は俺の柔術コーチのイゴール・サントスとスパーリングをするか、リー・カンと打撃をやっている。それからストレングス&コンディショニングをはさんで午後は何人かのカレッジ・レスラー達とレスリングをするかMMA全体のテクニックを研究する。それからスパーリングだね。

トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかけは? 12歳のときにUFC 3をライブPPVで見て、それからキモ vs. ホイスを見てファンになったんだ。それ以来これをやりたい、って思っていたんだけど俺の生まれた町は小さな町だったからどこにもトレーニングができるところなんてなかったんだ。だから俺には運動療法を学ぶために通っていた学校の最後の学年になるまで自分でそれをやる機会が訪れなかった。ウエイト・リフティングを辞めた後、俺は教本を買って友人たちと一緒に独学でやってみようって考えたんだ。その数ヵ月後にジムに入門してグラップリング・トーナメントで優勝することができた。それいらいすっかり没頭しているってワケだ。

ランキングやタイトルは? 特にないよ。

ヒーローは居ますか? 真の意味では神。だけどMMAに関していえばヒョードルかな。彼はMMAの全ての要素をよどみなく組み合わせた最初の男だし、比較的小柄なのにも関わらず、この世界の巨人たちを数多く撃破してきたからね。
大学には行きましたか?行ったなら専攻は? ラマール・ユニバーシティで心理学の学士、テキサス大の医科分校で運動療法学のマスターを取得した。

ファイターになる前の仕事は? 外来運動療法クリニックを経営していた。今でも在宅運動療法セラピストとしてパートタイムで働いているよ。

格闘技の段位: リコ・ロドリゲスから柔術紫帯を取得している。

好きなグラップリングテクニック: スラム

好きな打撃テクニック: 勢い良くあたるなら何でも好きだぜ

あなたのキャリアで鍵となった試合は? トッド・ムーア戦での1ラウンドTKOでの勝利かな。トッドはテキサスのトップファイターの一人で強豪選手との国際戦の経験もあった。下馬評では大いに不利とされていた俺はこの試合に勝利して、この世界でやってゆく道筋を付けることができたんだ。

これまでのキャリア

この他の選手