ブライアン
ボウルズ
10-3-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 10
レコード: 10-3-0
概要: 非常にバランスが良く、強靭な体力を有する

ファイター・インフォ

出身: チャールストン, ウエスト・バージニア州 USA
チーム・本拠地: アセンズ, ジョージア州 USA
年齢: 34
身長: 5' 7" ( 170 cm )
体重: 135 lb ( 61 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
669
成功率 27%
178
成功させたストライキング・テクニック
0
178
スタンド 67%
18%
15%
120
32
26
打撃のディフェンス
64
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
10
成功率 70%
7
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
7
11
4
テイクダウン・ディフェンス
55
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
敗北
ブライアン ボウルズ 月 日、年
24 0 1 1 R2 KO/TKO
ジョージ ループ 44 0 0 0
敗北
ユライア フェイバー 月 日、年
36 1 1 2 R2 Submission
ブライアン ボウルズ 13 0 0 0
勝利
ブライアン ボウルズ 月 日、年
29 1 0 2 R3 Decision - Unanimous
偉弥 水垣 14 0 0 0
勝利
ブライアン ボウルズ 月 日、年
19 1 1 0 R1 Submission
ダマッシオ ペイジ 17 0 0 0
ドミニク クルーズ
WEC 47: Bowles vs. Cruz
月 日、年
42 2 0 0 R2 TKO - Doctor's Stoppage
ブライアン ボウルズ 15 0 0 0
ブライアン ボウルズ
WEC 42: Torres vs. Bowles
月 日、年
12 1 0 0 R1 KO/TKO
ミゲール・アンヘル トーレス 8 0 0 0
勝利
ブライアン ボウルズ
WEC 37: Torres vs. Tapia
月 日、年
19 2 2 3 R3 Submission
Will Ribeiro 23 1 0 0
勝利
ブライアン ボウルズ
WEC 35: Condit vs. Miura
月 日、年
12 0 2 0 R1 Submission
ダマッシオ ペイジ 14 0 0 0
勝利
ブライアン ボウルズ
WEC 31: Faber vs. Curran
月 日、年
21 0 0 0 R2 KO/TKO
Marcos Galvao 13 1 0 0
勝利
ブライアン ボウルズ
WEC 28: Faber vs. Farrar
月 日、年
14 2 1 5 R2 Submission
Charlie Valencia 13 0 0 0

バイオグラフィー

トレーニング: 俺のトレーニングは日によって変わる。しかし通常は朝6時からストレングス&コンディショニング、急速、朝食、そしてジムに戻ってグラップリング、柔術などの午後のワークアウト、そして休憩と昼寝、再びジムに戻って夜はスパーリングとボクシングだ。どのワークアウトでも出し切ることを心がけている。どのセッションも非常にハードにやる。

トレーニングを始めたきっかけは?  3年前にMMAのトレーニングを始めた。面白そうだ、って思ったんだ。

ランキングやタイトルは? WECバンタム級王者

得意なテクニックは?  ダース・チョーク (変形アナコンダ)

WECで試合をすることがあなたにとって意味することは?  3年間ジムの中で過ごしたハードワークの集大成だ。皆をびっくりさせるチャンスなんだ。

ファイターになる前の仕事は?  ペプシ・コーラの販売員だった、というか今もそうだ。

最も記憶に残っているプロでの試合は? 初めてのWECでの試合だ。でかいことをやらなくちゃって感じていた。あのレベルで勝利を収めるってのは素晴らしいことだからね。デカイ大会で試合をする、デカイ大会に参加するって言う俺の夢まさに実現している時だった。

もっともチャレンジのし甲斐があった試合は? ウィル・リベイロ - パンチが強いオールラウンダーだった。奴はたいしたものだよ。全てのラウンドがチャレンジだった。俺にとって素晴らしい勝利だった。

この試合に向けたトレーニングパートナーは誰ですか?  ジョージア州アセンズのハードコア・ジムの奴らが俺のトレーニングパートナーだ。ステファン・レドベター、ジェフ・ベダード、チャド・シャファー。ジョン・フランチとミカ・ミラーにはアセンズに来てもらっている。

トレーニングでは自分のスタイルを追求しますか、それとも対戦相手に合わせて調整をおこないますか? ファイト・スタイルを調整することはしない。俺はMMAファイターだ。全ての分野のトレーニングをして試合に備えるだけだ。打撃でも寝技でもそして組み技でも落ち着いていられるようにね。

勝利以外の試合に向けたモチベーションは? 自分のやっていることに誇りを持っている。朝から晩までハードにやっている。俺に続くファイター達の敬意に報いるために、そして世界で最高のバンタム級のファイターであるという名誉のために闘っている。それに俺のファンに素晴らしい試合を見せたいんだ。

このスポーツの好きなところは? 1対1の勝負だというところだ。敗北に対する言い訳がない。誰にも不満を漏らすことができないんだ。俺はそんなプレッシャーを背負い込むのが好きなんだ。

あとどのくらいこのスポーツを続けるとおもいますか?
 可能な限り続けたい。最高だね。俺は自分が頑丈なファイターだと思っている。直ぐに終わりが来るとはこれっぽっちも思わないよ。出来るだけ長くこれをやりたいんだ。これが俺の人生なんだ。



 

•    Six wins by submission, three by knockout

•    Defeated Page twice with the same exact method and at the same time - first round (3:30) guillotine choke submission

•    Won WEC Submission of the Night awards against Page and Ribeiro and KO of the Night against Torres

•    Pro since 2006

•    Won submission of the night award for second win over Page

これまでのキャリア

鍵となった対戦相手

ユライア フェイバー
ユライア フェイバー
32-7-0
( W-L-D )
ダマッシオ ペイジ
ダマッシオ ペイジ
12-8-0
( W-L-D )

鍵となった試合

結果
対戦相手
イベント
リプレイ
勝利
Damacio Page UFC on VERSUS SANCHEZ vs. KAMPMANN

この他の選手