ブロック
ジャーディン
9-3-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 2
レコード: 9-3-0
概要: グラップリング、スタンド

ファイター・インフォ

ニックネーム: ザ・マシーン
出身: ファーガス, オンタリオ カナダ
チーム・本拠地: オレム, ユタ USA
年齢: 29
身長: 5' 11" ( 180 cm )
体重: 170 lb ( 77 kg )
カレッジ: ユタ・バレー・ユニバーシティ
学位: コミュニティ・ヘルス、運動教育学

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
63
成功率 30%
19
成功させたストライキング・テクニック
0
19
スタンド 100%
19
打撃のディフェンス
57
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
2
成功率 0%
0
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
1
0
0
テイクダウン・ディフェンス
14
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
敗北
ケニー ロバートソン 月 日、年
9 1 2 3 R1 Submission
ブロック ジャーディン 1 0 1 0
敗北
リック ストーリー 月 日、年
51 5 0 3 R3 Decision - Unanimous
ブロック ジャーディン 18 0 0 0

バイオグラフィー

トレーニング: 午後にドリルとスパーリング、ミット打ちとグラップリング。夜はストレングス&コンディショニングとグラップリングをやっている。

対戦相手、ケニー・ロバートソンの印象は?
 ケニーはタフなレスリングでガンガンくるタイプだ。ベストの状態で来るだろうから楽しい試合になるだろう。

トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかけは?
 高校時代にレスリングで活躍できたおかげでペンシルバニアのロック・ヘイヴン・ユニバーシティに奨学生として入学することができた。数年後にユタ・バレー・ユニバーシティに編入し、そこで自分のレスラーとしての、そして学生としての生活を終えた。レスリングを終えた後、俺は柔術、ボクシング、それにムエタイのトレーニングを始めて、それらをとても楽しんでいた。いくつかの柔術のトーナメントに出場して、自分がどれほどそれを楽しんでいるのかを再発見したよ。それ以来、格闘技のトレーニングを続けているんだ。

ランキングやタイトルは? 地区王者に3度、3度州大会に出場、地区代表補欠に2度、州代表補欠に1度、地域王者に1度なることができた。

ヒーローは居ますか? 両親のジャック&サンディ・ジャーディン。彼らは俺にインスピレーションを与え、俺の夢の実現のために100%のサポートをしてくれている。

あなたにとってUFCとは? すべてを意味する。あまりにも多くのことを諦め、そしていつの日か世界最大のプロモーションで試合をすることを願いながら自分を捧げてきた。そして今、俺の家族と、チームと、そしてもちろんUFCのサポートのおかげで俺の夢が実現したんだ。

大学には行きましたか?行ったなら専攻は? ロック・ヘイヴン・ユニバーシティとユタ・バレー・ユニバーシティに通ってコミュニティ・ヘルスと体育教育の学士を取得した。

ファイターになる前の仕事は? ピアノ専門の運送屋だった。

格闘技の段位: Pit 4 Seven コンバット柔術の紫帯。

好きなグラップリングテクニック: 肩固め

好きな打撃テクニック: 右のオーバーハンド

•    プロデビューは2007年。

•    UFC登場前に喫した唯一の敗北は2010年9月に対戦したTUF 13優勝者、トニー・ファーグソンによるもの。

•    最近の4試合のうち3試合で勝利。最も最近の勝利は2012年5月に対戦したWECベテランのブラス・アヴェナ船でのTKO勝利。

•    4つのサブミッション勝利、3つのKO勝利を挙げている。

これまでのキャリア

練習仲間

コート マクギー
コート マクギー
16-4-0
( W-L-D )
ラムジー ニジェム
ラムジー ニジェム
10-4-0
( W-L-D )

鍵となった対戦相手

リック ストーリー
リック ストーリー
18-8-0
( W-L-D )

この他の選手