コリン
フレッチャー
9-3-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 2
レコード: 9-3-0
概要: きわめて予測しにくいファイター。

ファイター・インフォ

ニックネーム: ザ・フリークショー
出身: サンダーランド イギリス
チーム・本拠地: サンダーランド イギリス
年齢: 31
身長: 6' 2" ( 187 cm )
体重: 155 lb ( 70 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
268
成功率 35%
93
成功させたストライキング・テクニック
0
93
スタンド 92%
86
5
2
打撃のディフェンス
62
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
2
成功率 0%
0
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
0
1
0
テイクダウン・ディフェンス
27
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
敗北
マイク リッチー 月 日、年
47 2 0 2 R3 Decision - Unanimous
コリン フレッチャー 37 0 0 0
コリン フレッチャー 月 日、年
56 0 0 1 R3 Decision - Unanimous
ノーマン パーク 42 6 0 7

バイオグラフィー

トレーニング: みっちり、さ。

対戦相手、ノルマン・パルケの印象は?
 ノルマン・パルケは俺の弟分さ、愛くるしくてたまらないぜ。でも俺はワイフと子供たちのことをもっと愛しているからな、奴の気持ちを害するかもしれないけど家族を食わせるためには仕方ないよな。分かってくれると思っているぜ。

トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかけは? 6年位前にMMAを始めた。いつでも何らかの形で格闘技を愛してきた。MMAを始めた最初の頃はそこまで夢中になっていたわけではなかったが見た目よりもずっと厳しいものだった。だから、チョー試合好きな俺としてはどんどん強くならないといけないし、必ず何か学ぶべき新しいことがあるんだ。MMAは常に俺に頭を使わせる、おかげで俺がどうでもいいことに時間を使わずにコイツに集中することができるんだ。

ランキングやタイトルは? トータルコンバットの英国ウェルター級王者になったことがある。それに同ライト級欧州王者にもな。それからストライク・アンド・サブミッションの英国ウェルター級王者にもなった。すべて同じ時期の話だ。

ヒーローはいますか? 俺のヒーローはデビッド・ボーイ、チャック・ノリス、それにワイフだ。

あなたにとってUFCとは? UFCで試合をすることは俺にとって全世界を意味する。家族を養い、俺が愛することを続けてゆくチャンスを与えてくれた。同時に夢の実現でもある。とうとう俺が生涯をかけているこいつで、世界最高のファイターたちを相手に自分自身を試すことができるんだ。

大学には行きましたか?行ったなら専攻は? 大学には行ってない。俺はそれほどアカデミックな男でもないしな。俺はどちらかと言えばアホで馬鹿な芸術家タイプなんだ。みんなを笑わせることを愛してるし見た目も性根も道化師なのさ。

ファイターになる前の仕事は? MMAをやる前も、そしてやるようになってからもいくつかの仕事をしてきた。ナイトクラブのDJ、ナイトクラブのドアマン、それからちょっと感傷的になって、家族を食わせなくてはと1年間バスの運転手。だけど惨めな気分になったね。そうしたらワイフがそんなことは辞めて夢に賭けろって言ってくれたんだ。

プロでの実績は? TUF Smashesのテレビショーへの出演が俺の最大の実績だと思う。まだやりきったわけじゃない。フィナーレにつなげて見せるぜ。

得意なグラップリングテクニック: 得意なグラップリングテクニックはブラボーチョーク、ダースチョークだ。なにせ俺の腕はとんでもなく長くて細いからな。容易に相手を捕らえることができるぜ。

得意な打撃テクニック:
 打撃は何だって好きなんだが、特にスピニング・バックフィスト、スピニング・バックエルボー、スピニング・バックキック、それにフライング・ニー。
•    プロデビューは2008年。

•    TUF登場前は4連勝を記録。

•    8つのサブミッション勝利。

•    6試合を1ラウンドでフィニッシュ。

これまでのキャリア

この他の選手