ダスティン・ポワリエ "ザ・ダイヤモンド"

FIGHTER INFO

RECORD戦績
WinLoseDraw
2150
Current Rank
ファイトボーナス
技能賞2
敢闘試合賞3
KO賞0
関節技賞1
PROFILEプロフィール
ニックネーム ザ・ダイヤモンド
出身 アメリカ・ラファイエット
概要 戦闘力(口でも、肉体的にも、精神的にも)
年齢 28
身長 5' 9" ( 175 cm )
体重 155 lb ( 70 kg )
リーチ 72"

FIGHT HISTORY

HISTORY過去の試合
勝敗 対戦相手 イベント・Awards Str TD Sub Pass 試合結果
Eddie Alvarez
ダスティン・ポワリエ

UFC 211: Miocic vs. Dos Santos
44
73
1
0
0
2
0
0
R2 04:02
Could Not Continue
WIN
ダスティン・ポワリエ
Jim Miller

UFC 208: Holm vs. De Randamie
97
71
3
1
0
3
1
1
R3 05:00
Decision - Majority
LOSE
ダスティン・ポワリエ
Michael Johnson

UFC Fight Night: Poirier vs. Johnson
6
14
0
0
0
0
0
0
R1 01:35
KO/TKO

BIOGRAPHY

どんなトレーニングをしていますか?
やる気満々で目覚める。満足して眠る。

ファイターとしてのトレーニングを始めたのはいつ? きっかけは?
初めての試合は2007年だった。オレは生まれながらのファイターだ。地元でMMAのトレーニングができるって知るまでは、ボクシングをやろうと考えていたんだ。ある日見学に行って、打ち抜かれた。オレはこのスポーツに恋をしたんだ。

どんなランクやタイトルを持っていますか?
アマチュアとしては155ポンドでベストを2つ取り、戦績は8勝1敗だった。アイオワで2日間行われた8人のトーナメント戦に出て、勝ったんだよ。プロとしては155ポンド級のベルトを3つ取った。それから、同じトレーラーパークにいた連中を全員ぶっ飛ばした。柔術は茶帯。レックス・コンドーでは黒帯で、指相撲の世界選手権では3度の王座を防衛中だ。

ヒーローはいますか?
ベイビー・ジーザスと、成長してからの彼も。

得意なテクニックは?
ネックチョップかな、たぶん。

あなたにとってUFCとは?
オレの全てだし、ここがオレのいたい場所だ。一番優秀な格闘家がスキルを公開する場所だから、オレにもふさわしいはずだ。すごくワクワクしているし、フェザー級のランクを上ってやる。

大学には行きましたか?
逆境という名の学校から博士号をもらった。

ファイターになる前の仕事は?
アルミ缶を集め、ペカンの実を摘んでいた。

●WECの戦績は1勝1敗、そこでの最後の試合は2010年11月、ザック・ミッケルライトに53秒でTKO勝ち
●ノックアウト勝ち10回、サブミッション勝ち6回(ブラボー2回、トライアングルアームバー、アームバー3回)
●5戦(ダフィー、コク、グリスピ、ヤング・ジム・ミラー戦)を除いて全勝利でフィニッシュ
●ブラジリアン柔術茶帯
●1ラウンドフィニッシュは12回

●ニックネームの由来 – 「WECに行った時にクレイジー・ティム・クレデュアがつけてくれた」

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY