ジェネル・ラウザ "ザ・デモリション・マン"

FIGHTER INFO

RECORD戦績
WinLoseDraw
740
Current Rank
ファイトボーナス
技能賞0
敢闘試合賞0
KO賞0
関節技賞0
PROFILEプロフィール
ニックネーム ザ・デモリション・マン
出身 フィリピン、コンセプション
概要 ノックアウトパワー、レスリング
年齢 30
身長 5' 5" ( 165 cm )
体重 125.00 lb ( 57 kg )
リーチ 68.00"

FIGHT HISTORY

HISTORY過去の試合
勝敗 対戦相手 イベント・Awards Str TD Sub Pass 試合結果
LOSE
ジェネル・ラウザ
Ulka Sasaki

UFCファイトナイト・シンガポール/2018年
7
25
0
5
0
1
0
9
R2 04:04
Submission
LOSE
ジェネル・ラウザ
Eric Shelton

UFCファイトナイト・シドニー/2017年
5
86
1
5
2
0
0
4
R3 05:00
Decision - Unanimous
LOSE
ジェネル・ラウザ
Magomed Bibulatov

UFC 210: Cormier vs. Johnson 2
10
51
0
2
0
0
0
9
R3 05:00
Decision - Unanimous

BIOGRAPHY

どんなトレーニングをしていますか?
ランニング、レスリングと打撃だ。

ファイターとしてのトレーニングを始めたのはいつ? きっかけは?
2004年頃、16歳の時にアマチュアボクサーとしてスタートした。ムエタイを勉強して、アマチュアの試合にも出たよ。しばらくして、武術(ウーシュ)フィリピンチーム(ウーシュっていうのは剣を使うのじゃなくて、キックボクシングみたいなもの)の一員になった。それからMMAを学び、URCCで戦い始めた。2013年頃にPXCに加わり、2016年1月にフライ級王者になった。オレがファイターになったのはお金を稼いで家族を助ける方法がそれしかなかったからだ。何度も勝利を重ねた後で、オレはこれを自分のキャリアにできると気づいた。そして世界で一番の、最も成功を収め、最もインスピレーションを与えるファイターの1人になれるって気づいたんだ。

どんなランクやタイトルを持っていますか?
PXCフライ級王者(2016年1月16日)、PBF暫定スーパーバンタム級王者(2016年7月9日)。

ヒーローはいますか?
いや。

あなたにとってUFCとは?
自分がUFCに来たなんて夢みたいだ――究極の夢だよ。

大学には行きましたか?
いや。

ファイターになる前の仕事は?
ボクシングジムのトレーナーをしていた。

得意なグラップリングテクニックは?
シングルレッグ。

得意な打撃テクニックは?
全てのパンチさ――どれもパワーパンチだぜ。




●プロデビューは2011年
●ノックアウト勝ち2回、サブミッション勝ち2回(ギロチン2回)
●1ラウンドフィニッシュは3回
●過去7戦で5勝
●ニックネームの由来 – マネジャーいわく、「このリングネームにした理由は彼が全ての対戦相手を倒すから。彼が対戦し、倒した相手はすぐには回復できず、なかなか通常のコンディションに戻れない(例えば以前ノックアウトした相手は顎か顔を骨折していることが多いので長い間戦えなかった)からだ。建物が破壊されるのと同じように彼らも本来の状態には戻れなくなる。だから、“デモリション・マン”なんだ」
チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY