ジョン
マグワイア
18-6-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 5
レコード: 18-6-0
概要: サブミッション(ジプシー柔術)

ファイター・インフォ

ニックネーム: The One
出身: ピーターボロー, ケンブリッジシャイヤ 英国
チーム・本拠地: ケンブリッジ 英国
年齢: 31
身長: 5' 9" ( 175 cm )
体重: 155 lb ( 70 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
236
成功率 42%
98
成功させたストライキング・テクニック
0
98
スタンド 65%
15%
19%
64
15
19
打撃のディフェンス
65
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
28
成功率 46%
13
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
5
14
1
テイクダウン・ディフェンス
78
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
敗北
ミッチ クラーク 月 日、年
41 0 0 1 R3 Decision - Unanimous
ジョン マグワイア 15 3 0 2
敗北
マシュー リドル 月 日、年
45 1 0 0 R3 Decision - Unanimous
ジョン マグワイア 37 0 2 0
敗北
ジョン ハザウェイ 月 日、年
41 1 0 4 R3 Decision - Unanimous
ジョン マグワイア 13 1 0 1
勝利
ダマルケス ジョンソン 月 日、年
15 0 1 1 R2 Submission
ジョン マグワイア 6 3 1 4
勝利
ジョン マグワイア 月 日、年
27 6 2 7 R3 Decision - Unanimous
ジャスティン エドワーズ 28 0 1 0

バイオグラフィー

トレーニング: 朝のランニングから初めて午後にはストレングス&コンディショニング、そして夜はプロ・チームの連中とスパーリングをしている。

対戦相手、ダマルケス・ジョンソンの印象は?
彼は凄く強くてタフな相手だし、なかなか面白そうな奴にも見える。

トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかけは? ガキの頃から争いごとに追いかけられていた。いつだって兄貴と喧嘩していたよ。初めてUFCを見たときから二人ともすっかりはまっちまって、動きの練習をしたりティト・オーティスごっこをしたりしていたんだ! 俺も兄貴もUFCの試合は一試合残らず観てきたよ…。多分全てのメインイベントを言い当てることができるんじゃないかと思う。俺が実際に試合を始めたのは2006年からだった。

ランキングやタイトルは?
 ケージ・グラジエイターズミドル級王者、ケージ・レイジ英国ウェルター級王者、OMMACウェルター級王者だ。

ヒーローはいますか? 沢山いるぜ…。ヴァン・ダムとブルース・リーも結構好きだぜ!WWEのヒットマン・ハートは正にヒーローだな、俺の試合コスチュームがピンクなのは彼を倣ったものなんだ。でもUFCファイターとなると、ティト・オーティス、マット・ヒューズの二人が始めて試合を見て、そしてまねをするようになったファイター達だな。

UFCで試合をすることはあなたにとって何を意味しますか?
 MMAを始めて以来ここに向けて頑張ってきた。実際にオクタゴンの中で試合をした後に皆にその意味を伝えるつもりだぜ!

大学には行きましたか?行ったなら専攻は? 英国の旅人(ジプシー)として俺は13の時に学校から離れたから読み書きも独学だ。すぐに仕事を始めて冬の間は親父と宿をやったり夏は樹木医として働いてきた。俺は育てられた、っていうより引っ張り上げられたって感じだぜ!

ファイターになる前の仕事は?
数え切れないよ…。最後にやっていたのは産業用のボイラー技師だ。

格闘技の段位: ジプシー柔術(GJJ)ピンク帯 

好きなグラップリングテクニック: キムラ (ジョンムラ)

好きなストライキングテクニック: ジャブ…シンプルに行かないとな。

•    プロデビューは2006年。

•    9つのサブミッション勝利、3つのKO勝利を挙げている。

•    現在6連勝中。

•    TUF9で活躍したディーン・アマシンガーを2011年2月にサブミッションで下している。

これまでのキャリア

鍵となった対戦相手

この他の選手