マイク
スタンプ
11-4-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 2
レコード: 11-4-0
概要: レスリング/グラップリング

ファイター・インフォ

出身: クリスタル・レイク, イリノイ USA
チーム・本拠地: クリスタル・レイク, イリノイ USA
年齢: 28
身長: 5' 10" ( 177 cm )
体重: 170 lb ( 77 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
146
成功率 43%
63
成功させたストライキング・テクニック
0
63
スタンド 81%
19%
51
12
打撃のディフェンス
47
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
8
成功率 25%
2
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
1
2
0
テイクダウン・ディフェンス
33
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
敗北
マイク スタンプ 月 日、年
63 2 0 2 R3 Decision - Unanimous
パスカル クラウス 163 1 1 0
敗北
TJ ウォルドバーガー 月 日、年
4 3 2 3 R1 Submission
マイク スタンプ 0 0 1 0

バイオグラフィー

トレーニング:  午前中のセッションはランニング、スイミング、プリオメトリクス、スピード&アジリティを組み合わせたカーディオトレーニングと、それに続くウェイトとサーキット・トレーニングだ。午前中のトレーニングの〆に1時間、ヨガをやっているよ。午後のセッションはグラップリング、レスリング、スパーリング、それにMMAトレーニングを組み合わせている。

対戦相手、パスカル・クラウスの印象は?
 クラウスも俺も似たようなスタイルなんだが、俺にとって良いマッチアップだと思っている。彼は素晴らしいジムで育ったタフな男だけど、俺もこの試合に備えてハードにトレーニングを積んできた。クラウスのいるオクタゴンの中でやりあうのが待ちきれないよ!

トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかけは? 18歳のとき、高校を卒業してすぐにジェフとチーム・カランでトレーニングを始めた。レスリングで試合をするのが大好きだったから、似たような道を進むにはこれがよい方法だったんだ。

ランキングやタイトルは? ランキングもタイトルも無い…。ひたすら厳しい試合をしてきただけだよ。

ヒーローはいますか? 思いつかないな…。でも親父のことは凄く尊敬しているんだ。

あなたにとってUFCとは? こいつは俺にとってはデカイよ。ここにたどり着けて良い気分だ。これだ、って感じるんだ。

大学には行きましたか?行ったなら専攻は? 最初の学士をとるまで後3クラス残っているんだ。俺は格闘技に優先順位を与えすぎているようだね。

ファイターになる前の仕事は? キャリアを通じていつもレスリングのコーチとフルタイムの仕事をしてきた。最も最近では、この2年ほど競走馬の厩舎を経営している。

アマチュア時代の実績は?  4勝0敗、無敗だけどタイトルは持って無いんだ…。

プロでの実績は? キャリアの序盤でエリック・ダヴィラといった素晴らしい対戦相手との非常にタフな試合を数試合、勝つことができた。

格闘技の段位: 青帯昇段テストを4年も先延ばしにしているんだ(笑)。11月にジェフにやらせてもらうつもりだよ。

好きなグラップリングテクニック: テイクダウン

好きな打撃テクニック: 右クロス

•    7つのサブミッション勝利、2つのKO勝利を挙げている。

•    プロデビューは2007年。

•    最近の7試合のうち5試合で勝利を挙げている。

•    UFC登場以前にアンソニー・ラプスレイとライアン・ウィリアムスに敗北しているが、そのいずれも判定によるもの。

これまでのキャリア

練習仲間

Jeff Curran
Jeff Curran
35-15-1
( W-L-D )
Jeff Curran
Jeff Curran
35-15-1
( W-L-D )
Jeff Curran
Jeff Curran
35-15-1
( W-L-D )
Jeff Curran
Jeff Curran
35-15-1
( W-L-D )

鍵となった対戦相手

TJ ウォルドバーガー
TJ ウォルドバーガー
16-9-0
( W-L-D )

この他の選手