ホールマン
ピョートル・
15-4-0( W-L-D )
Fight Night Bonuses: 1 Performance of the Night / 1 Fight of the Night
1 Submission of the Night

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 6
レコード: 15-4-0
概要: 肉体的強さ、努力家、猛烈なグラウンド&パウンド

ファイター・インフォ

出身: グディニャ ポーランド
チーム・本拠地: グディニャ ポーランド
年齢: 29
身長: 5' 9" ( 175 cm )
体重: 155 lb ( 70 kg )
Reach 71"
Leg Reach 41"

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
611
成功率 46%
281
成功させたストライキング・テクニック
0
281
スタンド 61%
25%
14%
172
70
39
打撃のディフェンス
59
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
27
成功率 44%
12
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技
パス
スウィープ
2
7
0
テイクダウン・ディフェンス
71
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ Awards
Loss
ホールマン ピョートル・
11月 7日, 2015年
42
36
0
1
0
0
1
1
R3 KO/TKO
Loss
ホールマン ピョートル・
6月 20日, 2015年
29
18
2
0
0
0
0
0
R2 TKO - Doctor's Stoppage
Loss
ホールマン ピョートル・
9月 13日, 2014年
30
52
5
0
0
0
0
0
R3 Decision - Split
Fight of the Night
Win
Piotr Hallmann
UFC Fight Night: Henderson vs Khabilov
6月 7日, 2014年
27
56
1
4
0
1
0
4
R3 Submission
Performance of the Night
Loss
ホールマン ピョートル・
10月 26日, 2013年
85
66
2
3
0
0
0
0
R3 Decision - Unanimous
Win
ホールマン ピョートル・
9月 4日, 2013年
22
42
1
2
0
1
0
2
R2 Submission
Submission of the Night

バイオグラフィー

どんなトレーニングをしていますか?
コーチのロベルト・フラミンゴの下でトレーニングしている。毎日、戦いの全ての面に取り組んでいるよ。彼の経験、懸命に努力する姿勢を見習っているんだ。点滴は使わないんで、食べるものには気をつけている。

ファイターとしてのトレーニングを始めたのはいつ? きっかけは?
6歳で空手を始めた。フットボールとカポエイラなどの冒険もして、やがて友人で同じプロファイターなマルチン・グラーシュと2008年にMMAのトレーニングを始めた。その1年後には試合に出始めたよ。

どんなランクやタイトルを持っていますか?
アイルランドでケージ・グラディエーターのライト級タイトルを取った。スロベニアではWFCのライト級タイトルを取り、ドイツでカジノ・ファイト・ナイト8人制トーナメントで優勝した。

ヒーローはいますか?
ジョルジュ・サンピエールはすごく好きだ。彼は模範的なアスリートで、あんなに成功した後でも謙虚さやつつましさを忘れないんだ。オクタゴンの外では、ポーランド海軍に属する全ての勇敢な男女がオレのヒーローたちだ。

あなたにとってUFCとは?
僕のチームと僕はだいぶ前からUFCを目指してやってきたんだ。マネジメントが1年近く彼らとコンタクトを取っていた。ようやくそれが実現すると知った時はすごく安心したしうれしかったよ。オレはポーランド海軍の軍人だから、仕事とトレーニングのバランスを取るのがすごく大変なんだ。このままUFCに行けなかったらいつまで続けられるか分からなかった。幸いにもその夢はかなったけどね。

大学には行きましたか?
ポーランドの海軍学校を卒業した。体育の学位を持っている。

ファイターになる前の仕事は?
高校を終えてすぐにMMAで戦い始めた。

アマチュア時代の成果は?
アマチュア修斗の170ポンド級では無敗だった。

格闘技のランクは?
情け容赦のなさなら黒帯級だ。

得意なグラップリングテクニックは?
リア・ネイキッド・チョーク。

得意な打撃テクニックは?
左、右、ローキックのコンボ。
●プロデビューは2009年
●ノックアウト勝ち7回、サブミッション勝ち7回(RNC6回、キムラ)
●1ラウンド決着は8回
●ライト級に転向して以来11勝3敗
●過去4戦で3敗
●ニックネームの由来 - 「コーチのグジェゴジ・ジャクボウスキーとの初めてトレーニングが終わった後についたものだ。終わった後、オレがクジラみたいにマットの上で波打っていたからだってさ」

これまでのキャリア

この他の選手