ハファエル
アスンサオ
21-4-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 13
レコード: 21-4-0
概要: 柔術、ムエタイ、防御力、試合を押して行く精神力。

ファイター・インフォ

出身: Recife Brazil
チーム・本拠地: Alpharetta, GA USA
年齢: 32
身長: 5' 5" ( 165 cm )
体重: 135 lb ( 61 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
1179
成功率 42%
490
成功させたストライキング・テクニック
0
490
スタンド 76%
12%
12%
374
57
59
打撃のディフェンス
70
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
50
成功率 36%
18
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
5
12
1
テイクダウン・ディフェンス
77
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
UPCOMING
ハファエル アスンサオ 月 日、年
-- -- -- -- --
ブライアン キャラウェイ -- -- -- --
勝利
ハファエル アスンサオ 月 日、年
100 3 0 1 R3 Decision - Unanimous
ペドロ ムニョス 33 0 1 0
勝利
ハファエル アスンサオ 月 日、年
32 0 1 0 R3 Decision - Split
TJ ディラシャウ 29 2 3 1
勝利
ハファエル アスンサオ 月 日、年
17 3 1 5 R2 Submission
ヴァウアン リー 14 0 0 0
勝利
ハファエル アスンサオ 月 日、年
57 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
マイク イーストン 30 0 0 0
勝利
ハファエル アスンサオ 月 日、年
39 0 0 0 R2 KO/TKO
一聖 田村 5 0 0 0
勝利
ハファエル アスンサオ 月 日、年
53 3 0 1 R3 Decision - Unanimous
ジョニー エドゥアルド 28 0 1 0
敗北
エリック コク 月 日、年
4 0 0 0 R1 KO/TKO
ハファエル アスンサオ 9 0 0 0
勝利
ハファエル アスンサオ
WEC 52: Faber vs. Mizugaki
月 日、年
47 4 0 0 R3 Decision - Unanimous
LC Davis 18 0 0 1
敗北
ハファエル アスンサオ
WEC 49: Varner vs. Shalorus
月 日、年
34 2 0 0 R3 Decision - Split
ディエゴ ヌネス 37 0 0 0
敗北
ユライア フェイバー
WEC 46: Varner vs. Henderson
月 日、年
28 2 2 1 R3 Submission
ハファエル アスンサオ 14 0 0 0
勝利
ハファエル アスンサオ
WEC 43: Cerrone vs. Henderson
月 日、年
35 1 1 1 R3 Decision - Split
イーヴス ジャボウィン 26 1 0 0
勝利
ハファエル アスンサオ
WEC 40: Torres vs. Mizugaki
月 日、年
53 2 2 4 R3 Decision - Unanimous
Jameel Massouh 19 0 1 0

バイオグラフィー

トレーニング:日常のトレーニングは非常にハイペースで行っている。1日約5-6時間を練習に費やしている。月曜から土曜までの週6日の練習をしている。朝は主にストレングス&コンディショニングをし、夕方はMMAの練習をしている。

トレーニングを始めたのはいつですか、そのきっかけは? 2000年からトレーニングを開始した。練習を始めたきっかけは、従兄弟のガスタボ・オリヴェイラの影響とホイス・グレーシーに憧れていた事が理由だ。

ランキングやタイトルは? 柔術黒帯、パン・アメリカン王者、2004年 松涛館空手大会王者。

ヒーローはいますか? 神様がヒーロだ。

得意なテクニックは? 沢山ありすぎて選べない。
 
UFCで試合をすることが意味することはなんですか? 俺にとってとっても重要な事だ。俺が誰でどんな存在であるかを証明しなければならないと思っている。

大学には行きましたか、行ったなら専攻は? 大学には行っていない。
 
ファイターになる前の仕事は? 柔術のインストラクターをしていた。

今までで一番記憶に残っている試合は? ジョー ロウゾンと対戦した試合だ。初めて自分の住んでいる州から離れてタフな相手と戦った試合(AFC15-フロリダ州マイアミで対戦)だったから印象がとても強い。

プロの試合で、今までで一番のチャレンジであった試合は? コロラドでニック・ママリスと戦った試合だ。試合した場所の高度が高かったから凄くタフに感じた。しかし試合には何とか勝利出来た。

大学やプロレベルで何か 他のスポーツをしていましたか? していない。

今回の試合に向けてのトレーニングパートナーは?兄弟のJR、ホルヘ・マスヴィダル、アレックス・ヴィラ、ホベルト“サイボーグ”アブレウ、パブロ・ポポヴィッチ他、沢山の仲間と練習している。

戦う事に対するモチベーションは何ですか? 俺の一番のモチベーションは自分や、友達、家族そしてコーチの存在を証明しようと思う気持ちだ。そして自分のキャリアと人生の目標をジーザスのご加護と力添えを受けて達成したい。

このスポーツの好きな部分は? 競争性とオールラウンドである面だ。

後どれくらい、このスポーツを続けるつもりですか?
 あと8年ほど試合を続けたいと思っている。

 

  • Ten wins by submission, three by knockout

 

  • Pro since 2004

 

  • Has defeated Jorge Masvidal and Joe Lauzon in pre-UFC / WEC bouts

 

  • Brother of UFC vet Junior Assuncao – the Assuncaos join the Nogueira, Miller, Hughes, Serra, Alcantara, Lauzon, Diaz, Pettis, Ellenberger, Roberts, Rosholt, and Shamrock families as the only brother tandems to fight in the UFC. Jeremy Horn and his half-brother Matt Andersen are also UFC vets.

 

  • Has won seven of his last eight and six in a row

 

  • Seventh fight at bantamweight (6-0)

これまでのキャリア

鍵となった対戦相手

エリック コク
エリック コク
14-4-0
( W-L-D )

この他の選手