ホナウド
ソウザ
20-3-0, 1NC( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 17
レコード: 20-3-0, 1NC
概要: サブミッション、テイクダウン、強靭な肉体

ファイター・インフォ

ニックネーム: ジャカレ
出身: エスピリトス・サントス ブラジル
チーム・本拠地: リオデジャネイロ ブラジル
年齢: 34
身長: 6' 1" ( 185 cm )
体重: 185 lb ( 84 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
111
成功率 47%
52
成功させたストライキング・テクニック
0
52
31%
27%
グラウンド 42%
16
14
22
打撃のディフェンス
75
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
8
成功率 38%
3
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
4
7
1
テイクダウン・ディフェンス
100
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
UPCOMING
ホナウド ソウザ
UFC Fight Night 50: Souza vs. Mousasi
月 日、年
-- -- -- -- --
ゲガール ムサシ -- -- -- --
勝利
ホナウド ソウザ 月 日、年
16 2 3 3 R3 Decision - Unanimous
フランシス カーモーン 19 0 0 0
勝利
勇信 岡見 月 日、年
1 0 0 0 R1 KO/TKO
ホナウド ソウザ 28 0 0 0
勝利
ホナウド ソウザ 月 日、年
8 1 1 4 R1 Submission
クリス カモッツィ 4 0 0 0
勝利
ホナウド ソウザ 月 日、年
14 2 1 1 R1 Submission
エド ハーマン 10 0 1 0
勝利
ホナウド ソウザ 月 日、年
5 0 0 0 R1 KO/TKO
デレク ブランソン 0 0 0 0
勝利
ホナウド ソウザ 月 日、年
46 6 2 5 R3 Submission
ブリストル マルンド 19 0 0 0
ホナウド ソウザ
Strikeforce - Barnett vs. Kharitonov
月 日、年
49 5 0 0 R5 Decision - Unanimous
ルーク ロックホールド 97 0 0 0
ホナウド ソウザ
Strikeforce - Diaz vs. Cyborg
月 日、年
12 4 1 6 R3 Submission
ロビー ロウラー 14 0 0 0
ティム ケネディ
Strikeforce - Houston
月 日、年
69 2 0 0 R5 Decision - Unanimous
ホナウド ソウザ 47 0 0 0
勝利
ホナウド ソウザ
Strikeforce - Heavy Artillery
月 日、年
45 8 1 8 R3 Decision - Unanimous
Joey Villasenor 13 0 0 0
勝利
ホナウド ソウザ
Strikeforce - Evolution
月 日、年
11 0 3 2 R1 Submission
Matt Lindland 2 1 0 0
ホナウド ソウザ
DREAM 9: Featherweight Grand Prix 2009 2nd Round
月 日、年
6 1 0 0 R1 Could Not Continue
ジェイソン ミラー 6 0 0 0
ゲガール ムサシ
DREAM 6: Middleweight Grand Prix 2008 Final Round
月 日、年
2 0 0 0 R1 KO/TKO
ホナウド ソウザ 1 1 0 1
勝利
ホナウド ソウザ
DREAM 6: Middleweight Grand Prix 2008 Final Round
月 日、年
3 1 1 2 R1 Submission
Zelg Galesic 0 0 0 0
勝利
ホナウド ソウザ
DREAM 4: Middleweight Grand Prix 2008 2nd Round
月 日、年
19 3 6 11 R2 Decision - Unanimous
ジェイソン ミラー 24 1 1 1
勝利
ホナウド ソウザ
DREAM 2: Middleweight Grand Prix 2008 1st Round
月 日、年
7 1 2 1 R1 Submission
Ian Murphy 0 1 0 0

バイオグラフィー

トレーニング: 月曜から土曜日までの昼から2時までMMAトレーニング。月曜から金曜までの午後5時から6時半までテクニックと打ち込み。これは二日間は柔術、二日間はテクダウンディフェンスとテイクダウン、そして残りの一日は試合の戦略、と言うように分けている。月曜から金曜までの午後7時半から9時までコンディショニングをやっている。

トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかけは? 17歳のときに柔術を始めてすぐに夢中になった。そこから俺の柔術とADCCの征服がはじまったのんだ。MMAは次なる挑戦ってやつだ。俺が最も愛すること、トレーニングと試合でより良い生活をするために俺がMMAに転向したのは自然な成り行きだった。

ランキングやタイトルは? 元Strikeforceミドル級王者、ADCC王者、その他多数のタイトルを取っている。

ヒーローはいますか? 人生を通じてたくさんのヒーローがいるし、彼らは俺が正しい道筋を選択する助けとなってきた。両親、コーチ、トレーニング・パートナー達、親しい友人達、それに神が俺のヒーロー達だ。

大学には行きましたか?行ったなら専攻は? 義務教育だけだよ。

ファイターになる前の仕事は?
 トレーニングを始めて以来柔術のトーナメントで試合をしてきたからそれが俺の仕事のようなものだった。その数年間は友人達、チームメイト、そしてスポンサーから多くの助けを得ていた。

アマチュアでの実績は? 俺が試合に出ていた頃の柔術にはほとんどプロと言うカテゴリーが無かったが、金にはならない試合なら幾らでもあった。唯一のプロ競技といえばADCCで俺が出場したのは2003年のブラジル大会だった。その頃の俺はまだ茶帯で2位に終わった。2005年にロサンゼルスで行われたADCCでは階級別で優勝、無差別級では2位だった。2009年のADCCではスーパーファイトでロバート・ドライズデールに勝利した。今は2011年のADCCイギリス大会でのブラウリオ・エスティマ戦に備えている。
格闘技の段位: 柔術、柔道黒帯

好きなグラップリングテクニック: 相手をフィニッシュできるものは何でも好きだが、個人的には十字と三角が得意だ。

好きな打撃テクニック: ジャブとアッパーカット

あなたのキャリアで鍵となった試合は? 全ての試合で、次の試合に向けて俺が向上するための要素があった。ただ、特に挙げるならティム・ケネディー戦だ。あの試合では俺がスタンドで真っ向勝負をすることもできて、そして5ラウンドを戦い抜く耐久力があることも披露することができた。そして結果として俺は初めてミドル級のベルトを獲得したんだ。

これまでのキャリア

鍵となった対戦相手

ブリストル マルンド
ブリストル マルンド
12-9-0
( W-L-D )

この他の選手