偉弥
水垣
20-7-2( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 15
レコード: 20-7-2
概要: 打撃

ファイター・インフォ

出身: 茨城 日本
チーム・本拠地: 神奈川 日本
年齢: 30
身長: 5' 7" ( 170 cm )
体重: 135 lb ( 61 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
1882
成功率 37%
695
成功させたストライキング・テクニック
0
695
スタンド 64%
18%
17%
447
128
120
打撃のディフェンス
59
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
38
成功率 61%
23
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
1
15
1
テイクダウン・ディフェンス
70
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
UPCOMING
ドミニク クルーズ 月 日、年
-- -- -- -- --
偉弥 水垣 -- -- -- --
勝利
偉弥 水垣 月 日、年
35 0 0 3 R3 Decision - Unanimous
フランシスコ リヴェラ 41 3 1 0
勝利
偉弥 水垣 月 日、年
152 3 0 0 R3 Decision - Unanimous
ナム ファン 100 0 0 0
勝利
偉弥 水垣 月 日、年
39 2 1 2 R3 Decision - Split
エリク ペレス 37 5 0 0
勝利
偉弥 水垣 月 日、年
67 0 0 0 R3 Decision - Split
ブライアン キャラウェイ 37 2 1 3
勝利
偉弥 水垣 月 日、年
63 4 0 2 R3 Decision - Unanimous
ジェフ ホウグランド 14 1 0 0
敗北
偉弥 水垣 月 日、年
28 2 0 0 R3 Decision - Unanimous
クリス カリアーソ 37 0 0 0
勝利
偉弥 水垣 月 日、年
70 1 0 1 R2 KO/TKO
コール エスコヴェド 29 0 0 0
敗北
ブライアン ボウルズ 月 日、年
29 1 0 2 R3 Decision - Unanimous
偉弥 水垣 14 0 0 0
勝利
偉弥 水垣 月 日、年
43 4 0 3 R3 Decision - Split
ルーベン デュラン 67 0 0 0
敗北
ユライア フェイバー
WEC 52: Faber vs. Mizugaki
月 日、年
11 0 2 1 R1 Submission
偉弥 水垣 7 0 0 0
勝利
偉弥 水垣
WEC 48: Aldo vs. Faber
月 日、年
40 2 0 1 R3 Decision - Unanimous
ハニ ヤヒーラ 17 6 2 3
敗北
スコット ヨルゲンセン
WEC 45: Cerrone vs. Ratcliff
月 日、年
59 3 1 1 R3 Decision - Unanimous
偉弥 水垣 50 2 0 3
勝利
偉弥 水垣
WEC 42: Torres vs. Bowles
月 日、年
18 3 0 0 R3 Decision - Split
Jeff Curran 24 0 3 1
敗北
ミゲール・アンヘル トーレス
WEC 40: Torres vs. Mizugaki
月 日、年
144 0 0 0 R5 Decision - Unanimous
偉弥 水垣 69 0 0 0

バイオグラフィー

どのようなトレーニングをしていますか? 基本的に午後と夜の1日2回のトレーニングをしています。月曜、火曜はMMAスパーリングをしてそれ以外の日はストレングス&コンディショニングを行なっています。夜の部では毎日スパーリングを行い、特にテクニックを意識した練習をしています。

ランキングやタイトルは? 2005年に修斗の新人王、昨年はケージフォースのバンタム級トーナメントで優勝しました。

ヒーローはいますか? 相撲史上最高の横綱の一人である千代の富士を尊敬しています。

あなたにとってWECで闘うことは何を意味しますか? もしこれが野球なら、それはメジャーリーグでプレイをするように思っています。WECは現時点で世界最高峰のバンタム級を有しているプロモーションだと思っています。

大学には行きましたか、もし行ったなら専攻は? 電気工学の修士です。

最も記憶に残っている試合は? 松根良太選手との試合だと思います。新人王を取った直後の試合でその頃の松根選手は60kg以下級で世界最強の一人と言われていました。だから自分がそのとき世界でどのくらいのところにいるのかを測る事のできる意味の大きな一戦でした。あの試合で自分はプロでも通用すると確信を持つことが出来ました。

•    Won WEC Fight of the Night honors for bouts against Torres and Jorgensen

•    Five wins by KO, one by submission

•    Pro since 2005

•    Has won five straight bouts and six of his last seven

これまでのキャリア

この他の選手