トニー
ファーガソン
19-3-0( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 9
レコード: 19-3-0
概要: レスリング、ボクシング、グラウンド&パウンド、コンディショニング

ファイター・インフォ

ニックネーム: エル・ククーイ
出身: オクスナード, カリフォルニア州 USA
チーム・本拠地: ヴェンチュラ, カリフォルニア州 USA
年齢: 31
身長: 5' 11" ( 180 cm )
体重: 155 lb ( 70 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
783
成功率 33%
255
成功させたストライキング・テクニック
0
255
スタンド 91%
231
13
11
打撃のディフェンス
71
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
9
成功率 67%
6
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技
パス
スウィープ
7
4
1
テイクダウン・ディフェンス
81
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
UPCOMING
Tony Ferguson
月 日、年
--
--
--
--
--
--
--
--
--
Win
Tony Ferguson
月 日、年
11
2
1
0
2
0
1
0
R1 Submission
Win
Tony Ferguson
月 日、年
20
15
1
2
1
0
1
0
R2 Submission
Win
Tony Ferguson
月 日、年
23
23
0
2
1
1
0
3
R3 Decision - Split
Win
Tony Ferguson
月 日、年
38
22
1
0
1
0
1
0
R1 KO/TKO
Win
Tony Ferguson
月 日、年
5
4
0
0
1
0
0
0
R1 Submission
Loss
Tony Ferguson
月 日、年
45
67
0
0
0
0
0
0
R3 Decision - Unanimous
Win
Tony Ferguson
月 日、年
61
45
1
0
1
0
0
0
R3 Decision - Unanimous
Win
Tony Ferguson
月 日、年
31
11
0
0
0
0
0
0
R1 TKO - Doctor's Stoppage
Tony Ferguson
月 日、年
12
21
0
2
0
0
0
1
R1 KO/TKO

バイオグラフィー

トレーニング: フリースタイル、ハイスクール、カレッジ・レスリング、世界レベルのボクシングトレーニング

トレーニングを始めたのはいつですか、そしてそのきっかけは? 24歳のときに自分の幸福と、そして自分自身を見つけるためにミシガンから引っ越してきた。俺が見つけたのは大学レスリングを卒業したあとも試合を続けることと多少の現金をポケットに入れるチャンスだった。アスリートとしてスポットライトを浴びることがいつも好きだったんだ。なんと言ったら良いのかな?俺は栄光を追い続ける猟犬なんだ。2度目のプロの試合のあと、俺は仕事をやめて自分の人生をファイトに賭けるという決断をした。パーソナル・トレーニングと護身術を教えることでなんとか生活はやりくりした。そうしないと週7日、24時間ジムに入り浸るわけには行かなかったからね。どうしても何かをやりたいならそのために闘わなくてはいけない。俺の人生で始めて筋が通ったことだった。早起きしてハードにトレーニングをし、支払いをするために少し手を休める。”自分がやりたいことをする”ことによって自分の道を切り開いている、と感じさせてくれた。とうとう俺のための場所を見つけたんだ。MMAは俺自身をその動きと自己犠牲によって表現させてくれるモノなんだ。妥協は許されないんだ。

ランキングやタイトルは? ミシガン州オール・ステイト・ハイスクール・アスレチック・アソシエーションに3度選出、シニア・イヤーに州王者に、グランド・ヴァレー・ユニバーシティー時代にカレッジ・オール・アメリカンに2度選出。

ヒーローはいますか? 雲の上の存在、神とダン・ゲーブルだ。

UFCで試合をすることがあなたにとって意味することは? 俺にとってはそれが世界そのものだよ!これほど望んだ事なんて人生で他には無いんだ。人生の中でよいことも悪いこともあったけど、いつだって良い糧にしてきた。試合を続けることが出来るように祝福されているんだ。世界中に俺が何を出来るのか、肉体的にそして精神的に俺がどこまでやれるのかを見せるのは俺の夢であり運命なんだ。

大学には行きましたか、いったなら専攻は? セントラル・ミシガン大学とムスケゴン・コミュニティ・カレッジに通って、それからグランド・ヴァレー・ステイト・ユニヴァーシティに通った。その頃の俺は何になろうとしているのか、自分自身分からなかった。(専攻も理学療法から犯罪司法学、そして看護学へと変更した。)だからディグリーを終了するまでとりあえず待ってみようと決断したんだ。今は分かっている、今度の秋に俺がスタートしたものをフィニッシュするために再登録する計画なんだ!

ファイターになる前の仕事は? 色々な仕事についた、その中でも長い間やったのがバーテンダーだ。その仕事が好きだったし、周りにたくさんの人が居るというのも好きだった。みんなの人生の物語を聞いて、そして良い時間の中で快適に過ごすことが出来た。

アマチュア時代の活躍は? 俺は始めてのアマチュアの試合で22秒で相手をKOしたんだ!

プロでの活躍は? ピュアー・コンバット170ポンドウェルター級の世界王者のベルトを保持している。それからTUFでもちょっとした歴史を作った。TUFに初めて登場したときにアップキックで相手をKOしたけど、アップキックでのKOは俺が初めてなんじゃないかな。

得意なグラップリングテクニックは: アンクル・ピックとロー・シングルだぜ!!

得意なストライキングテクニックは: 左フックとライトクロス!行ったりきたりだ!

•    チーム・レスナーのメンバー    

•    TUFでの対戦相手全員をフィニッシュ

•    7つのKO勝利、3つの一本勝利

•    TUF前には3連勝中

•    ニックネームの意味はスペイン語で “ザ・ブギーマン” 

•    プロデビューは2008年

これまでのキャリア

鍵となった対戦相手

アーロン ライリー
アーロン ライリー
29-14-1
( W-L-D )
ラムジー ニジェム
ラムジー ニジェム
10-4-0
( W-L-D )

鍵となった試合

結果
対戦相手
イベント
リプレイ
勝利
Ramsey Nijem The Ultimate Fighter Finale Team Lesnar vs. Team Dos Santos

この他の選手