ユライア・フェイバー "ザ・カリフォルニア・キッド"

FIGHTER INFO

RECORD戦績
WinLoseDraw
000
Current Rank
ファイトボーナス
技能賞
敢闘試合賞
KO賞
関節技賞
PROFILEプロフィール
ニックネーム ザ・カリフォルニア・キッド
出身 アメリカ、アイラビスタ
概要 最高のサブミッション、強力なテイクダウン、超速のパンチ
年齢 2019
身長 ( cm )
体重 lb ( kg )
リーチ "

FIGHT HISTORY

BIOGRAPHY

どんなトレーニングをしていますか?
少なくとも1日2回のプラクティスがあって、MMAか鍛錬に特化したセッションになる。チームプラクティスが毎朝あり、オレは午後に個人プラクティスに取り組むことが多い。

ファイターとしてのトレーニングを始めたのはいつ? きっかけは?
戦いへの情熱はずっと持っていた。8学年でレスリングを始めて、ずっと続けてきた。MMAのトレーニングを始めたのは2003年、カリフォルニア大学(UC)デービス校から卒業した後だ。

どんなランクやタイトルを持っていますか?
元WECフェザー級王者、ブラジリアン柔術茶帯、ジ・アルティメット・ファイター 15のコーチ。

ヒーローはいますか?
両親だ。

得意なテクニックは?
オレは新しいテクニックを発明するのが好きなんだ。瞬間的な動きが好きだな。

あなたにとってUFCとは?
オレにとっては長年の夢だった。始めた時からのゴールだよ。やっと機会を与えてもらえて興奮している。

大学には行きましたか?
カリフォルニア大学デービス校で理学士号を取得した。

ファイターになる前の仕事は?
UCデービスの学生。卒業後間もなくファイターになった。MMAキャリアを始めた頃は大学でレスリングのコーチをしていたこともある。




●サブミッション勝ち17回(RNC9回、ギロチン7回、ブルドッグチョーク)、ノックアウト勝ち10回
●元WECフェザー級王者で5度の防衛に成功
●WEC時代にジェンス・パルヴァー戦(初戦)と水垣偉弥戦でファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得
●パルヴァー戦(2戦目)、ハファエル・アスンソン戦、水垣戦でサブミッション・オブ・ザ・ナイトを獲得
●WEC/UFC以前に、ビビアーノ・フェルナンデス、植松直哉、チャーリー・バレンシア、アイヴァン・メンジバー、チャールズ・ベネット、阿部裕幸に勝利
●WEC以前の唯一の敗北は2005年のタイソン・グリフィン戦
●プロデビューは2003年
●5ラウンドチャンピオンシップ戦に進んだのは過去5回(ヘナン・バラオン、ドミニク・クルーズ、ジョゼ・アルド、マイク・トーマス・ブラウン、パルヴァー)
●フェザー級でドミニク・クルーズを倒した唯一の相手
●過去8戦で5勝
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY