ヴィニシウス
マガリャエス
11-7-0, 1NC( W-L-D )

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 5
レコード: 11-7-0, 1NC
概要: 精神的にタフ、力強いキック、世界レベルの柔術

ファイター・インフォ

ニックネーム: ヴィニー
出身: リオ・デ・ジャネイロ ブラジル
チーム・本拠地: ラスベガス, ネバダ USA
年齢: 30
身長: 6' 3" ( 190 cm )
体重: 205 lb ( 93 kg )

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
339
成功率 24%
83
成功させたストライキング・テクニック
0
83
スタンド 72%
14%
13%
60
12
11
打撃のディフェンス
68
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
9
成功率 44%
4
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
2
5
0
テイクダウン・ディフェンス
67
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
敗北
ヴィニシウス マガリャエス 月 日、年
1 0 0 0 R1 KO/TKO
アンソニー ペロシュ 8 0 0 0
敗北
フィル デイヴィス 月 日、年
79 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
ヴィニシウス マガリャエス 29 1 0 0
勝利
イゴール ポクライェク 月 日、年
8 1 0 0 R2 Submission
ヴィニシウス マガリャエス 15 1 2 2
敗北
エリオット マーシャル 月 日、年
44 0 0 0 R3 Decision - Unanimous
ヴィニシウス マガリャエス 34 2 0 3
ライアン ベイダー 月 日、年
15 0 0 0 R1 KO/TKO
ヴィニシウス マガリャエス 4 0 0 0

バイオグラフィー

トレーニングを始めたのはいつですか?そのきっかけは? 1998年に柔術を始めた、14歳の時だ。2004年にカリフォルニアのシーザー・グレイシーのアカデミーでトレーニングをしたり教えたりするために移住してきたあと、MMAのトレーニングも開始した。高いレベルの奴ら(デイヴィッド・テレル、ジェイク・シールズ、そしてディアス兄弟達)に囲まれていたら、俺も闘いたくなったんだ。

持っているタイトルは?
 MMAでは何も持っていない。柔術とグラップリングでは沢山のトーナメントで優勝した。BJJ世界選手権のメダルは8つ持っている(4つの金メダル、1つの銀メダル、そして3つの銅メダル)。またBJJパンナム王者、米国王者に2度、ブラジル王者、リオ・デ・ジャネイロの州王者に6度、リオ・デ・ジャネイロ州ランキング王者に3度、USオープンの王者になった。

ヒーローはいますか?
 俺のヒーローは俺のオヤジとお袋だ。彼らとそのインスピレーションをなくして、俺はこれまでの人生で成し遂げてきたことは何一つ実現することが出来なかっただろう。

UFCで試合をすることがあなたにとって意味することはなんですか?
 夢の実現を意味する。柔術を始めたのもUFCがあったからだ…。1988年にホイス・グレイシーとヴィトー・ベウフォートといえばMMAの中心的存在だった。今は夢に手が届いた、そう感じているんだ。これからはどれだけ長くここにとどまれるかが勝負だ。頭数を合わせるためにここに居るわけじゃないぜ。俺の目標はUFCライトヘビー級王者になることだ、3年か4年以内に成し遂げるよ。俺には出来るはずだ、やって見せるよ…。

大学には行きましたか?行ったなら専攻は?
 アメリカへの移住を決意したとき、俺は体育教育を大学では学んでいた。まだ課程を修了できていないんだ。

ファイターになる前の仕事は?
ファイターになる前に仕事を持ったことがないんだ。

アマチュア時代の活躍を教えてください。
 ギ有り: 世界王者に3度(ヘビー級、スーパーヘビー級、無差別級)、パンナム王者(ミディアム・ヘビー級)ブラジル国内王者に2度(ヘビー級、無差別級)、アメリカ国内王者に2度(ヘビー級、、無差別級)、リオ・デ・ジャネイロ州王者に6度(2000年、01年、02年、03年、04年、05年)リオ・デ・ジャネイロ州ランキング王者に3度(2002年、03年、04年)、2005年USオープン王者(無差別級)<2007年グラップラーズ・クエスト西海岸王者(無差別級)2007年北米トーナメント王者(ヘビー級)、2001年世界選手権2位(無差別級)、2005年パンナム2位(無差別級)、2005年パンナム2位(ヘビー級)、2007年世界選手権3位(スパーヘビー級)、2003年世界選手権3位(無差別級)、2000年世界選手権3位(ミドル級)。

プロでの活躍を教えてください ノーギ: 世界王者(決勝戦:クリスチアーノ"ティティ"ラザリーニ、2007年ADCCブラジル予選優勝者)、パン・アメリカン・グラップリング王者(決勝戦ケヴィン・ケーシー)、PSL LA Sub-X勝者(対戦相手:ロバート・ドライズデール、2007年ADCC無差別級王者)グラップラーズ・クエスト・ウェスト2007プロの部優勝(決勝戦:ロバート“サイボーグ"アベルー)、グラップラーズ・っクエスト・ウェスト2006プロの部優勝(決勝戦:アレッシャンドリ"シャンジ"ヒベイロ、2007年ADCC99キロ以下級王者)、PSL X-Mission参戦(対戦相手:ウラジミール・マティシェンコ)

格闘技の段位:
 ブラジリアン柔術黒帯一段(ヴィニシウス・アイェタ・グレイシーより授与)。2005年のBJJ世界選手権の茶帯の試合で13試合で勝利(そのうちの10試合でサブミッション勝利)をあげたあとに授与されたんだ。

好きなグラップリングテクニック:
 グラウンドで戦うことは快適この上ない。下でも全然問題ないし、上だったらガードのパスを狙う。特に好きな動きというのはないんだけど、組技主体のファイターだとは言えるね。

好きなストライキングテクニック:
 キック全般…、あらゆるキックが好きだ。ミドル、サイドキック、ハイキック…。


•    前回のUFC登場以降、7勝1敗の戦績を重ねてきた。

•    現在5連勝中。

•    ニックネームの“ぺザオン”はポルトガル語でデカ足の意味。

•    8つのサブミッション勝利、2つのKO勝利を挙げている。

•    かつてはチーム・クエストに所属。

•    MMAでの勝利はすべてサブミッションまたはKOによるもの。(TUF 8での試合も含む。)

これまでのキャリア

この他の選手