ウラジミール
マティシェンコ
26-7-0( W-L-D )
I want to thank the UFC for putting together a fight that the fans will enjoy and get excited about. The winner of this fight will move on to some great opportunities related to the light heavyweight title run in the UFC.

戦績

スキル分析

チャートは全試合の結果に基づいてコンパイルされます。- 14
レコード: 26-7-0
概要: 強靭な肉体、経験

ファイター・インフォ

ニックネーム: ザ・ジャニター
出身: レチサ, ベラルーシ ベラルーシ
チーム・本拠地: El Segundo, California USA
年齢: 43
身長: 6' 0" ( 182 cm )
体重: 205 lb ( 93 kg )
カレッジ: ユニバーシティ・オブ・ネバダ - レノ
学位: フィジカル・エデュケーション&ヘルス

ストライキング(打撃)

トータル・ストライキング・アテンプト
0
420
成功率 46%
193
成功させたストライキング・テクニック
0
193
スタンド 49%
15%
グラウンド 36%
95
28
70
打撃のディフェンス
56
%
打撃回避率

グラップリング(組み技)

トータル・テイクダウン・アテンプト
0
47
成功率 40%
19
成功させたグラップリング・テクニック
 
 
関節技 {0}%
パス {0}%
スウィープ {0}%
1
17
1
テイクダウン・ディフェンス
70
%
テイクダウン回避率
結果 ファイター イベント ストライキング テイクダウン サブミッション パスガード 内容 リプレイ
敗北
ライアン ベイダー 月 日、年
3 0 1 0 R1 Submission
ウラジミール マティシェンコ 0 0 0 0
敗北
ウラジミール マティシェンコ 月 日、年
5 0 0 0 R1 KO/TKO
アレクサンダー グスタフソン 10 0 0 0
勝利
ウラジミール マティシェンコ 月 日、年
8 0 0 0 R1 KO/TKO
ジェイソン ブリルツ 1 0 0 0
勝利
ウラジミール マティシェンコ 月 日、年
19 2 0 3 R1 KO/TKO
Alexandre Ferreira 6 0 0 0
敗北
ジョン ジョーンズ 月 日、年
15 1 0 2 R1 KO/TKO
ウラジミール マティシェンコ 0 0 0 0
勝利
エリオット マーシャル 月 日、年
19 0 0 0 R3 Decision - Split
ウラジミール マティシェンコ 28 2 0 0
勝利
ウラジミール マティシェンコ 月 日、年
44 4 1 5 R3 Decision - Unanimous
イゴール ポクライェク 17 1 0 2
敗北
アントニオ・ホジェリオ ノゲイラ
Affliction - Day of Reckoning
月 日、年
24 0 0 0 R2 KO/TKO
ウラジミール マティシェンコ 14 0 0 0
勝利
ウラジミール マティシェンコ
IFL - World Grand Prix Semifinals
月 日、年
21 7 0 7 R3 Decision - Unanimous
Alex Schoenauer 14 0 4 1
敗北
Andrei Arlovski 月 日、年
9 0 0 1 R1 KO/TKO
ウラジミール マティシェンコ 5 0 0 0
勝利
ウラジミール マティシェンコ 月 日、年
24 5 0 1 R3 Decision - Unanimous
Pedro Rizzo 12 0 0 1
勝利
ウラジミール マティシェンコ 月 日、年
24 2 0 4 R1 Submission
Travis Wiuff 0 0 1 0
ティト オーティズ 月 日、年
64 5 0 2 R5 Decision - Unanimous
ウラジミール マティシェンコ 19 1 0 0
勝利
ウラジミール マティシェンコ 月 日、年
17 3 0 4 R3 Decision - Unanimous
Yuki Kondo 1 0 0 0

バイオグラフィー

トレーニング: VMAT式だ。ケン・ヴィックとレドンド・ビーチでベロシティと呼ばれるストレングス&コンディショニング。VMATの施設でアントニ・ハードンク、ジャレッド・ハマン、アンドレ・アンダーソン、そのほかにもたくさんのファイターとトレーニングをしている。ボディ・ショップでアントニオ・マクギーとスパーリングもしている。
 
トレーニングを始めたのはいつですか、そのきっかけは? 15年前、稼ぐために始めた。

ランキングやタイトルは? IFLライトヘビー級王者。

UFCで試合をすることがあなたにとって意味することはなんですか? フットボール・プレイヤーがNFLで試合をするチャンスに恵まれるというのと俺にとっては同じことだ。

大学には行きましたか、行ったなら専攻は? フィジカル・エデュケーション&ヘルスの学士をユニバーシティ・オブ・ネバダで取得した。

ファイターになる前の仕事は? レスリング・コーチだ。

アマチュア時代の活躍を教えてください  レスリングでソビエト国内王者、ベラルーシ国内王者、ヨーロッパチャンピオンシップでメダルを獲得、ラッセン・カレッジ時代にジュニア・カレッジレスリング王者に二度なった。


•    UFC戦績7勝4敗。

•    最近の7試合のうち5試合で勝利。

•    一本負けはいまだかつて無し。

•    始めてラスベガスで開催されたUFCのメインイベントでティト・オーティズと対戦。

•    7つのサブミッション勝利、9つのKO/TKO勝利を挙げている。

•    ヴァーノン・ホワイト、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ、ティム・ボッシュ、アレックス・ショーナー、ジャマル・パターソン、ジェイソン・ランバートからUFCで勝利を挙げている。

•    現在活動休止中のIFLでは6勝0敗の戦績を残す。

•    UFC復帰前の戦績は10戦9勝。唯一の敗北はアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラとの再戦で喫したもの。

•    レスリングではロイス・アルジャー、ケヴィン・ジャクソンから勝利を挙げている。

これまでのキャリア

鍵となった対戦相手

ティト オーティズ
ティト オーティズ
17-11-1
( W-L-D )
ジョン ジョーンズ
ジョン ジョーンズ
19-1-0
( W-L-D )

この他の選手