キンボールをRNCで沈めたレイエス

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 218:ジェレミー・キンボール vs. ドミニク・レイエス【アメリカ・ミシガン州デトロイト/2017年12月2日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 218:ジェレミー・キンボール vs. ドミニク・レイエス【アメリカ・ミシガン州デトロイト/2017年12月2日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間12月3日(日)、アメリカ・ミシガン州デトロイトのリトル・シーザー・アリーナでUFC 218が開催され、ジェレミー・キンボール対ドミニク・レイエスのライトヘビー級マッチが行われた。

早めに仕掛けたキンボールはレイエスにタックルし、組み付きながらケージに押し込んでテイクダウンを狙うが、逆にレイエスに倒される。マウントポジションを取ったレイエスがパウンドを浴びせるも、キンボールがうまく防御。しかし、馬乗り状態から身体を返されたキンボールはボディをトライアングルチョークで締め付けられながらエルボーを食らった。何とか逃げ出そうとしたキンボールを追いかけたレイエスが首を取り、リアネイキドチョークを決めて万事休す。レイエスの一本勝ちとなった。




ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド
●ジェレミー・キンボール vs. ドミニク・レイエス○
1ラウンド(3分39秒)サブミッション(リアネイキドチョーク)

ドミニク・レイエス


「2試合で2回のフィニッシュだから最高の気分だ。205パウンド(ライトヘビー級)はこのスポーツで一番エキサイティングな階級のひとつとして知られているし、俺もその流れに乗りたいと思っている。前回の試合から22日後のUFCデビュー戦を受けたから、今回の試合に向けてフルキャンプできたことが良かった。もっと学びたいし、自分のスキルを磨いていきたい。今日の試合でポジションのコントロールやボディの三角絞め、サブミッションを取れるってところを見せられたはず。俺は若いし、いつでもフィニッシュできるから、UFCのマッチメーカーがいいと思う場所ならどこでも戦う。まだ戦いたい特定の相手はいない。UFCと話して、一番意味のある相手とやれればいい。自分の力を示したい」
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY