粘るゲイジーを膝で沈めたアルバレスがTKO勝利

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 218:エディ・アルバレス vs. ジャスティン・ゲイジー【アメリカ・ミシガン州デトロイト/2017年12月2日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 218:エディ・アルバレス vs. ジャスティン・ゲイジー【アメリカ・ミシガン州デトロイト/2017年12月2日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間12月3日(日)、アメリカ・ミシガン州デトロイトのリトル・シーザー・アリーナでUFC 218が開催され、エディ・アルバレスとジャスティン・ゲイジーのライト級マッチが行われた。前日のジ・アルティメット・ファイター(TUF)フィナーレに先だって8月末から放送されたTUFシーズン26のコーチ役を務めた2人の対戦だ。

積極的に前に出るゲイジーに対し、落ち着いて対応するアルバレスは相手の攻撃をかわしながら要所でジャブやボディへのパンチを打ち込むが、ゲイジーはアルバレスの足元を狙って崩しにかかる。




ベテランらしい巧みさでパンチを繰り出すアルバレスの左足を攻め続けるゲイジーはアッパーカットやフックを放つも空振りするシーンが多く、フットワークで強打を見切るアルバレスは懐に飛び込みながらボディに強打を見舞っていった。強烈な左フックでふらついたゲイジーに追い打ちをかけるアルバレスはゲイジーのテイクダウンを退けて連打でラウンドを締めくくっている。

相当のダメージを負いながらも攻めの姿勢を貫くゲイジーはアルバレスの左足への攻撃を継続しながら、必死に立ち続け、アルバレスに打ち込まれてなお果敢に前に出ていったが、最後はクリンチからの膝がクリーンヒットしてダウン。アルバレスがテクニカルノックアウト勝利を挙げ、無敗の18勝を記録していたゲイジーに土をつけた。




ライト級マッチ 5分3ラウンド
○エディ・アルバレス vs. ジャスティン・ゲイジー●
3ラウンド(3分59秒)TKO

エディ・アルバレス


「タイトルは最高だけど、結局、みんなが求めているのって誰が一番凶暴なファイターかってことだし、今日はそういう試合ができた。今回のような試合のためにトレーニングをしてきたし、5ラウンドマッチみたいな感じだったから、3ラウンド目にフィニッシュするのがプランだったんだ。ちゃんとジャスティン・ゲイジー対策をしていなかったら、きっとやられてしまうだろうね。だからボディショットを使ってあいつを痛めつけ、ペースをコントロールしようとした。毎日、毎日、コーチたちとジムで過ごしている。何がこようと準備は整えておこうと思ってね」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY