オルテガがスワンソンに一本勝ち、無敗の12連勝

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・フレズノ:カブ・スワンソン vs. ブライアン・オルテガ【カリフォルニア州フレズノ・アメリカ/2017年12月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・フレズノ:カブ・スワンソン vs. ブライアン・オルテガ【カリフォルニア州フレズノ・アメリカ/2017年12月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間12月10日(日)、アメリカ・カリフォルニア州フレズノのセーブ・マート・センターでUFCファイトナイト・フレズノが開催され、メインイベントでフェザー級ランキング4位のカブ・スワンソンと同6位のブライアン・オルテガが対決した。

互いにローキックで相手の出方を見ながら始まった試合はオルテガの打撃をフットワークでかわしたスワンソンがボディショットを当ててプレッシャーをかける。オルテガもジャブを放っていくが、コンビネーションを決めたスワンソンが足元から削りながら有効打を稼いだ。しかしながら、第1ラウンド終盤にオルテガがスワンソンの首を取ってチョークを仕掛け、あと一歩で決まりかけたものの、ホーンが鳴って時間切れ。

柔術を得意とするオルテガの攻撃を警戒するスワンソンはフックやジャブを当てながらボディにも打ち込んでダメージを与えた。スワンソンのパンチを食らったオルテガは相手をケージに押し付けて一瞬のスキをついて首を取ると、ボディをロックしてぶら下がりながら締め付ける。必死にもがいたスワンソンだが、たまらずタップしてオルテガの一本勝ちが決まった。

フェザー級マッチ 5分5ラウンド
●カブ・スワンソン vs. ブライアン・オルテガ○
2ラウンド(3分22秒)サブミッション(ギロチンチョーク)

ブライアン・オルテガ


「ものすごく大きな勝利だけど、今はとにかく終わってうれしい。今回は特に初めてのメインイベントだったし、試合となるとかなりのプレッシャーがある。終わってよかったし、うまくできた。家に帰ってリラックスできると思うとそれだけで最高だ。(第1ラウンドの関節技は)もうちょっとだった。あと10秒あれば決められていたはず。チョークから抜け出そうとする彼のうなり声が聞こえていた。でも、試合の後半もまたこういうチャンスがあると思っていたし、第2ラウンドで実際にきた。ゲームプランはいつも仕留めること。カブ(スワンソン)は素晴らしいファイターだし、心から尊敬している。倒そうとしてきたし、何度かいいパンチも食らった。とにかく冷静にいって全力を出しすぎないようにと思っていたんだ。第3ラウンドになったらもう少しペースアップするつもりでいたけど、そこまで行かなくて良かった。苦しんでいたり、大変な時間を過ごしていたりする子供たちを助けたい。彼らにとってポジティブな光になりたいんだ。この場所を利用して、自分勝手にならずに人々を助けられるように、この光を生かしたいと思っている。今はひたすら旅に出かけてたくさんの人たちを助けたい」
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY