難敵スモルカに判定勝ちしたニコラウ

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 219:ルイス・スモルカ vs. マテウス・ニコラ【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2017年12月30日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 219:ルイス・スモルカ vs. マテウス・ニコラ【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2017年12月30日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間12月31日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-Mobileアリーナを舞台にUFC 219が開催され、ルイス・スモルカ対マテウス・ニコラウのフライ級マッチが行われた。

両者とも序盤からスピード感のある打撃を繰り出していき、ニコラウが左フックをヒットさせる。スモルカもボディキックを当てながらジャブを打ち込むが、ニコラウの左フックがスモルカにクリーンヒットしてダウン。追い打ちをかけるようにニコラウがパウンドを放ちながらマウントポジションを取った。スタンディングに戻ったものの、再び右の一撃をまともに食らったスモルカがダウンを喫し、ニコラウがチョークを決めにかかる。それでも、難を逃れて立ち上がったスモルカだったが、その後も打撃を打ち込まれて3度目のダウンを取られてしまった。




巻き返しを図りたいスモルカは足技を織り交ぜながら前に出ていくも、ニコラウの打撃を浴びて何度も足元がふらつく。若干スピードの落ちたスモルカに対し、丁寧にジャブを当てていくニコラウ。右目付近から流血もあるスモルカはダメージの影響を感じさせながらも第2ラウンドを戦い抜いた。

最後のラウンドも打ち合いが続き、ミドルキックを放ったスモルカの足をつかんで倒したニコラウはパウンドを放った後、足で攻めていったが、その間にスモルカが立ち上がる。ニコラウはパワーを乗せたパンチをボディに当てつつプレッシャーをかけ、組み付いた相手の体を押し倒してマットにたたきつけた。スタンディングに戻った後、またもニコラウに倒されたスモルカは体を返して逃れようとするも、ニコラウが背中を取ってチョークを仕掛ける。結局、フィニッシュはかなわなかったが、ニコラウがユナニマス判定で勝利を収めた。

フライ級マッチ 5分3ラウンド
●ルイス・スモルカ vs. マテウス・ニコラウ○
判定3-0(26-30、26-30、25-30)

マテウス・ニコラウ


「今日の試合であれだけのタフさを見せたスモルカにエールを送りたい。自分のパフォーマンスには満足しているし、自分には彼を倒せる力があることは分かっていたけど、ちゃんとフィニッシュしたかったし、彼は信じられないくらいにタフだった。試合が終わりかけているのに、それでも絶対に腕を止めなかったし、関節技を仕掛けてきた。今回の勝利でこの階級のトップファイターと戦えるようになるんじゃないかな。家に帰って、友達や家族と一緒にお祝いするつもり。それから次のことを考える。次はトップ10の誰かとやりたい。トップに向けて駆け上り続けたい」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY