エスパルザが判定勝ち、カルビーヨは初黒星

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 219:シンシア・カルビーヨ vs. カーラ・エスパルザ【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2017年12月30日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 219:シンシア・カルビーヨ vs. カーラ・エスパルザ【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2017年12月30日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間12月31日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-Mobileアリーナを舞台にUFC 219が開催され、女子ストロー級のシンシア・カルビーヨとカーラ・エスパルザが対戦した。

開始直後は互いに前に出て行くも、しばらく様子見が続く。カルビーヨがテイクダウンを取り、マウントポジションから攻めていくが、エスパルザが組み付いて抵抗。さらにカルビーヨの右腕を取って決めにかかったものの、逃げられてしまった。エスパルザはその後も不利な体勢ながら関節技を狙っていく。ただ、カルビーヨにエルボーを打ち込まれてピンチに直面したが、うまく返してマウントポジションを奪取。最後はパウンドを浴びせたところでラウンドが終了した。

第2ラウンドはスタンディングでの攻防が繰り広げられ、相手との距離を取ってタイミングを図りながらパンチや蹴りを打ち込んでいく。ラウンド終盤にはエスパルザが2度に渡ってマウントポジションを取りかけたがグラウンドゲームは断念し、鋭いジャブを打ち合ってホーンが鳴った。

インターバル中にコーチから指示を受けた通り、テイクダウンを狙うエスパルザだが、逆にカルビーヨに倒されてしまう。一方、“左に回れ”との指示が出ていたカルビーヨは間合いを詰めてワンツー、相手からもパンチを食らったものの、有効打を稼いでいる。エスパルザは足を取ってカルビーヨを倒すも逃げられてチャンスにつなげられない。最後は残る力を振り絞ってパンチを打ち合って試合終了を迎えた。

結果、ジャッジはユナニマス判定でエスパルザの勝利を支持。エスパルザはここまで負けなしの6勝を誇っていたカルビーヨに初めての土をつけている。

女子ストロー級マッチ 5分3ラウンド
●シンシア・カルビーヨ vs. カーラ・エスパルザ○
判定3-0(28-29、28-29、28-29)

カーラ・エスパルザ


「私はレスリング寄りだと思われているけど、今回のゲームプランは立技で相手を打ち負かすことだった。ずっとチームと一緒に打撃の練習に取り組んできたし、今日の試合ではローキックがかなり効果的だったと思う。今回の試合に向けてシンシアについてはいろいろと大きなことが言われていたけど、私にとってはモチベーションが上がっただけ。トラッシュトークが得意じゃないかもしれないけど、戦う度にちゃんと自分を証明している。私がローズ(ナマユナス)を倒して初代女子ストロー級王者になったんだから、次はこの対戦が理にかなっているんじゃないかしら。でも、私は誰が相手でも戦うわ。UFCと話して彼らが何を望んでいるのか聞いてみるつもりよ」

Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY