ヌルマゴメドフ、粘るバルボーザに手こずるも25連勝

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 219:ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. エドソン・バルボーザ【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2017年12月30日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 219:ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. エドソン・バルボーザ【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2017年12月30日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間12月31日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-Mobileアリーナを舞台にUFC 219が開催され、セミメインイベントでライト級ランキング2位につけるハビブ・ヌルマゴメドフと同4位のエドソン・バルボーザが対戦した。

開始早々、ヌルマゴメドフの左膝を狙ってキックを打ち込んでいくバルボーザに対し、ヌルマゴメドフはステップを踏みながらリズムを作り、タックルを仕掛けていく。簡単には倒れないバルボーザだが、2度目のタックルは回避しきれずに倒されてしまい、鋭いエルボーを食らって防御が精いっぱい。抵抗するバルボーザの体を押さえつけてマウントポジションをキープしたヌルマゴメドフは再び強烈なエルボーを見舞った後、パウンドも浴びせて追い込んだ。何とか逃れようと拒むバルボーザを抑えて離さないヌルマゴメドフは一瞬チョークを仕掛けにいったものの、すぐに切り替えて拳を振り落とす。ただ、フィニッシュには至らず、バルボーザが耐えしのいだ。




インターバルを終えてもダメージを払しょくできなかったバルボーザは第2ラウンド序盤からヌルマゴメドフに打ち込まれ、ケージ際に追い込まれて顔面への打撃を食らう。組み付きを解いたバルボーザはタフネスさを発揮して果敢にヌルマゴメドフを攻め立てるが、背後からシングルレッグで倒されてしまい、パウンドを浴び続けるも、この5分間も耐え抜いた。

第3ラウンドに入っても流れは変わらず、しぶとく粘るバルボーザにヌルマゴメドフがタックルに打って出る。ただ、スタンディングになるとバルボーザが強烈なキックを繰り出してヌルマゴメドフにヒットさせ、体力が減る中で驚異的なパフォーマンスを披露した。さらに、バルボーザがヌルマゴメドフに膝を食らわせるシーンも見せたが、判定の結果はユナニマスでヌルマゴメドフに軍配が上がっている。

ライト級マッチ 5分3ラウンド
○ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. エドソン・バルボーザ●
判定3-0(30-25、30-24、30-25)

ハビブ・ヌルマゴメドフ


「今までで一番、圧倒的なパフォーマンスだった。父とチームに感謝しないとね。今回の試合のために必死にがんばってきた。現時点のUFCで自分が一番圧倒的なファイターだと思っている。25勝0敗だ。それがリアルなベルトだろう。コナーかトニーか、それだけだ。どっちが相手でも構わない。UFCが許してくれるなら、一晩で2人同時に戦ってみたい。4月にタイトルマッチがしたい」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY