ウスマンはミークに判定勝ち

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・セントルイス:カマル・ウスマン vs. エミル・ミーク【ミズーリ州セントルイス・アメリカ/2018年1月14日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・セントルイス:カマル・ウスマン vs. エミル・ミーク【ミズーリ州セントルイス・アメリカ/2018年1月14日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間1月15日(月)、アメリカ・ミズーリ州セントルイスのスコットトレード・センターでUFCファイトナイト・セントルイスが開催され、カマル・ウスマンとエミル・ミークによるウェルター級マッチが行われた。

腰を落として試合開始の合図を聞いたウスマンは低い体勢のまま前に出る。ミークがすぐさま組み付いて倒し、下からウスマンの首を締め上げていったが、難を逃れたウスマンがマウントポジションを維持したまま反撃。しばらくケージ際で推し合っていたものの、ウスマンがミークの体を持ち上げてマットに倒すと、ボディに打ち込みながら技をかけるチャンスをうかがう。一方、ミークも不利な体勢から打撃を見舞って仕返している。

第2ラウンドに入ると、ミークの攻撃をウスマンが冷静に対処し、足をつかんでいったが、ミークが直後に裏拳を放ってウスマンの顔面にヒットさせる。多少なりとダメージを受けた様子のウスマンはそれでも相手に組み付いてケージに押し込み、背後にまわってテイクダウン。終始、優位な体勢を維持してミークを攻め立てていったものの、フィニッシュのチャンスは訪れずにラウンド終了を告げるホーンを聞いた。

最終ラウンド開始直後にミークの金的蹴りを受けたウスマンはブレイクをもらって持ち直し、再開後にはミークに対するテイクダウンを成功させる。ウスマンにエルボーを打ち込まれたミークは必死に足蹴りを放って相手を遠ざけ、何とか立ち上がるも、すぐにまたウスマンに抑え込まれてしまった。その後もウスマン優勢の戦況は変わらず、ミークは反撃の機会を得られぬまま試合終了を迎えている。

判定の結果、3名のジャッジは全員がウスマンの勝利を支持した。

ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
カマル・ウスマン vs. エミル・ミーク
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

カマル・ウスマン


「相手が俺に付き合いきれないってことは最初から言っていた通りさ。誰にもできないことさ。だからこそ、この階級の誰もが俺から逃げていく。俺よりもランキングが上位の相手と戦う頃合いだな。コルビー・コビントンがいい。あいつはおしゃべりが好きなようだから、俺が黙らせてやる。デイナ・ホワイト、このマッチアップを頼むぜ。よろしくな」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY