コーミエが王座防衛! オーズデミアにTKO勝利

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 220:ダニエル・コーミエ vs. ヴォルカン・オーズデミア【アメリカ・マサチューセッツ州ボストン/2018年1月20日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 220:ダニエル・コーミエ vs. ヴォルカン・オーズデミア【アメリカ・マサチューセッツ州ボストン/2018年1月20日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間1月21日(日)、アメリカ・マサチューセッツ州ボストンのTDガーデンを舞台にUFC 220が開催され、セミメインイベントでライトヘビー級王者のダニエル・コーミエがヴォルカン・オーズデミアを相手に防衛戦に臨んだ。

打ち込んでくるオーズデミアに腰を下げてテイクダウンを仕掛けていくコーミエ。序盤から激しい動きとなり、オーズデミアがコーミエをケージに追い込む場面もあったが、大きな流れを作るには至らなかった。身長差を生かして上から殴りかかってくるオーズデミアに対し、コーミエもスピードとパワーを乗せたフックを放って応戦。その後、コーミエがオーズデミアの懐に飛び込むように豪拳を食らわせ、シングルレッグからテイクダウンも成功させると、残り数秒となりながらも馬乗り状態からパウンド、さらにチョークを仕掛けたコーミエだったが、ラウンド終了を告げるホーンに阻まれる。オーズデミアは窮地に一生を得た。




巻き返したいオーズデミアは手数を増やそうと前に出るも、コーミエにテイクダウンされて再びピンチを迎える。マウントポジションを確保したコーミエに体を押さえつけられてパウンドを浴びたオーズデミアは手も足も出ず、最終的にはレフェリーが試合を止めてコーミエの勝利が決まった。

ノックアウトパワーを誇るオーズデミアを下したコーミエがライトヘビー級王座を死守している。

ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5ラウンド
○ダニエル・コーミエ vs. ヴォルカン・オーズデミア●
2ラウンド(2分00秒)TKO

ダニエル・コーミエ


「いろいろ大変だった。最大のライバルのおかげで本当に苦労したけど、またここに戻ってこられて、こうして勝利できてうれしい。ジョン・ジョーンズに2度負けた。今回の試合に関しては空席となったタイトルをもう一度取りにいく気持ちで挑んだんだ。しっかり仕事を果たせたから、またUFCチャンピオンだ。7月に起きたことは無視できない。俺はコンペティターだから。今回はチャンピオンとして臨んだけど、挑戦者の気持ちで勝利が必要だった。自分がチャンピオンと呼ばれるにふさわしいことを証明したけど、ヴォルカンもすごい。ここまで来るヤツは誰だってそのレベルなんだ。ヴォルカン・オーズデミアもそう、戦ってきたすべての対戦相手もそう。それを手土産にスイスに戻れると思ってくれたらうれしい。若人よ、最高の試合だったぜ。かなり手ごわかったし、危ないヤツだというのは分かっていた。ハードに打ち込まれたけど、グラウンドに持ち込めてからは俺の世界さ。自分のゲームプランができたし、そうなると、勝てる流れに乗れることが多い。第1ラウンドの最後にチョークを仕掛けた。腕が相手のアゴの下に入っていたから、あと10秒あれば決めきれたと思う」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY