ロンダ・ラウジーがWWEデビューへ

UFC
UFC 207:アマンダ・ヌネス vs. ロンダ・ラウジー【Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images】
UFC 207:アマンダ・ヌネス vs. ロンダ・ラウジー【Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images】
アメリカ時間1月28日(日)にフィラデルフィアで開催されたワールド・レスリング・エンターテインメント(WWE)で史上初、女子選手だけのロイヤルランブルが幕を閉じてほどなく、元UFC女子バンタム級王者のロンダ・ラウジーがリングデビューを果たした。

2016年12月に行われたUFC 207を最後にオクタゴンから遠ざかっているラウジーだが、WWEのリングに上がると会場に設置されたレッスルマニアの看板を指差して見せた。

『ESPN』に総合格闘家からプロレスラーへの転身について語ったラウジーは「これが今の私の人生。まずは次の数年のタイムラインを描くことが優先ね。冷やかしに来たわけでもないし、宣伝行為のために来たのでもない」と明かしている。

「初めてトリプルHに会った時、“自分の時間を使ってもっとお金を生むようなことは他にたくさんあるけれど、あまり楽しくはないでしょうね”と伝えた」




ラウジーがWWEデビューに向けて準備を進めているのではないかとのうわさはしばらくささやかれていた。ラウジーがMMAに与えたインパクトは疑いようがない。6度のタイトル防衛はUFCの女子部門では史上最多を誇る。何より、UFC会長のデイナ・ホワイトがUFCに女子部門を設けたただひとつの理由がラウジーの存在だった。

ラウジーがUFC復帰のドアを閉じたわけではない。それでも、今はプロレスに100%の力を注いでいるという。

「おもしろいわよね。演技しているみたい。そういうのをずっとやりたいと思っていたけど、自分のカードにあるなんて一度も思わなかった。今、ようやくチャンスがあるんだと実感できるようになったし、そのチャンスをつかまなければ6歳の頃の私にどつかれちゃうわ」

Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY