オープニングマッチは判定の末、ジュモーが阿部を下す

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 221:ルーク・ジュモー vs. 阿部大治【オーストラリア・パース/2018年2月11日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 221:ルーク・ジュモー vs. 阿部大治【オーストラリア・パース/2018年2月11日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間2月11日(日)、オーストラリア・パースにあるパース・アリーナにてUFC 221が開催され、オープニングマッチでウェルター級のルーク・ジュモーと阿部大治が対戦した。

試合開始の合図を受けて前に出た阿部は積極的に打撃を放ち、蹴り技を中心に攻撃を組み立てていくが、ジュモーの強打を浴びてしまう。それでも前進の姿勢を崩さない阿部はタイミングを図りながらジャブでリズムを取ると、ストレートをクリーンヒットさせて連打。勢いに乗った阿部はやや馬乗り状態からパウンドを浴びせ、さらにケージに押し込んでなお打ち込んでいったが、フィニッシュには持ち込めていない。その後も阿部がエルボーで相手にダメージを与えるなどしたものの、ジュモーが何とか耐えきった。




阿部が強烈な左パンチを当てて始まった第2ラウンドはジュモーがテイクダウンを取るも、すぐに立ち上がる。2人ともペースが落ち、疲れた様子を見せていたが、打撃戦の流れは変わらず、ややジュモーがプレッシャーをかける形で互いに有効打を重ね、最終ラウンドを迎えた。

左のボディキックを連続で当てた阿部とジュモーはこれまでよりも接近した状態でタイミングを図り、ジュモーがフックや足技を組み合わせて攻めていく。阿部の右パンチを浴びたジュモーが左目を負傷して一時休止したものの、ドクターのゴーサインを得て再開された。レフェリーから注意を受けた阿部はリズムが乱れてしまったのか、ジュモーの打撃を食らうようになり、強力なボディショットを浴びた際にはダウンを喫してしまう。終盤、ジュモーが放った膝裏への蹴りでダウンした阿部がパウンドを浴びたところで試合終了。

判定の結果、ユナニマスでジュモーに軍配が上がった。

ウェルター級マッチ
○ルーク・ジュモー vs. 阿部大治●
判定3-0(29-28、29-27、28-27)


(勝者コメントなし)
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY