石原、接戦ながらキノネスに敗れる

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 221:石原“夜叉坊”暉仁 vs. ホセ・キノネス【オーストラリア・パース/2018年2月11日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 221:石原“夜叉坊”暉仁 vs. ホセ・キノネス【オーストラリア・パース/2018年2月11日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間2月11日(日)、オーストラリア・パースにあるパース・アリーナにてUFC 221が開催され、石原“夜叉坊”暉仁とホセ・キノネスのバンタム級マッチが行われた。

立て続けにローキックとハイキックを繰り出した後、テイクダウンを成功させたキノネスは石原をケージ際に追い込んで動きを封じにかかる。石原はキノネスのプレッシャーを返しながら逆転の機会を待つが、背後にまわられて危機一髪の状況に陥り、体をがっちりと抑え込まれていたものの、うまく逃げ出している。キノネスのカップ修正でブレイクを挟んだ後、スタンディング状態で再開した第1ラウンドは残り10秒を切って石原の左フックがさく裂するも、最初の5分終了を告げるホーンが鳴った。

足元から崩そうとするキノネスに対し、石原も蹴りを打ち込んで有効打を稼ぐ。ダブルレッグからテイクダウンに持ち込んだ石原だったが、キノネスがうまく逃げてスタンディングに戻った。キノネスのジャブをかわしながら前に出る石原は得意の左でジャブを打ち込んだ後、ラウンド終了間際に鋭い左フックを浴びせてダウンを奪う。

2人がハグをかわして始まった最終ラウンドはキノネスが組み付いたところを石原が膝蹴りを入れつつ退け、スタンディングに戻した。以降は見合う時間が多く、どちらも決定打を放てないまま、試合終了を迎えている。

勝負の行方は3名のジャッジに委ねられ、キノネスがユナニマス判定で白星を勝ち取った。

バンタム級マッチ
●石原“夜叉坊”暉仁 vs. ホセ・キノネス○
判定3-0(27-30、28-29、28-29)

ホセ・キノネス


「かなり難しい相手だったから、自分のペースを守らないといけなかった。戦略は良かったし、キックも遠い場所での試合も良かった。今回の試合ではレスリングができるところを見せたかったんだ。戦略とゲームプランに沿って戦えたと思うし、だから勝てたんだとも思う。これで4連勝だ。できればトップ15の誰かとやりたい。将来、ランカーになるためにがんばるよ」

Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY