ピアソンが廣田に完封勝ち

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 221:ロス・ピアソン vs. 廣田瑞人【オーストラリア・パース/2018年2月11日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 221:ロス・ピアソン vs. 廣田瑞人【オーストラリア・パース/2018年2月11日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間2月11日(日)、オーストラリア・パースにあるパース・アリーナにてUFC 221が開催され、ライト級のロス・ピアソンと廣田瑞人が対戦した。

今回、フェザー級からライト級に階級を上げた廣田はピアソンのジャブやフックをかわしながらローキックで崩しにかかる。残り1分を切ってクリンチからテイクダウンを狙った廣田。それでも、廣田の打撃を的確に避けて有効打を得たピアソンが優勢の格好だ。

打ち合いが続く第2ラウンドは廣田も要所で打撃を当てていくが、巧みに防御するピアソンの動きに押され気味だ。ピアソンの左フックをまともに食らった廣田はすぐに反撃に打って出るとピアソンをケージ際に追い込み、膝蹴りを食らわせた後、強烈な左フックと右の一撃をクリーンヒットさせる。相手が思わず膝を崩したところに、連打でフィニッシュを狙ったが、ピアソンがなんとか持ちこたえた。

共に鼻にダメージを負って流血する中、これまでと同じように打っては打ち返す打撃戦が繰り広げられ、勝負の行方は判定にもつれ込む。結果、ユナニマス判定でピアソンが勝利した。

ライト級マッチ
○ロス・ピアソン vs. 廣田瑞人●
判定3-0(30-27、30-27、29-28)

ロス・ピアソン


「肩の荷が降りたような気分だ。ちょっと緊張していて。いつもみたいに楽しめなかった。ダン(フッカー)にノックアウトされた時、何となく失恋したような気分になったんだ。モチベーションを失ってしまった感じ。今回の試合は個人的にだけど、プレッシャーがすごくて緊迫感がすさまじかった。まだやれるかって? UFCでまだ戦っていけるか? もう長いことやってきたし、試合もたくさんやってきて、まだやるのかって? 今日はやろうとしていたゲームプランができなかったけど、コーチが落ち着かせようとしてくれた。みんな、ロス・ピアソンが燃えたぎって立ち向かい、ノックアウトを狙い、フィニッシュを狙う姿を見たはずだ。コーチたちは俺に、相手のショットを見ながらしっかり打ち込んで相手の打撃を避ける、そういうバランスを取ってもらいたがっていた。それができなかったのは残念だし、でもまあこのスポーツはこういうものだからね。相手に打ち込んだ時、ディエゴ・サンチェスを思い出した。すさまじく重く、タイトで相手が身動きを取れない感じ。何度か良いショットを打てたし、左パンチ、左フック、右のボディショットも決まった。相手がすごかったね。彼がタフな相手なのは分かっていた。そのために準備していたし、もうちょっと前に出てきてもっと右を打ち込んでくるんじゃないかと思っていたけど。ちょっとずつうまくなっている気がしているし、自分がやれることをしっかりとやれていると思っている」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY