サファロフをキムラロックで仕留めたペドロが地元で白星

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 221:タイソン・ペドロ vs. サパルベク・サファロフ【オーストラリア・パース/2018年2月11日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 221:タイソン・ペドロ vs. サパルベク・サファロフ【オーストラリア・パース/2018年2月11日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間2月11日(日)、オーストラリア・パースにあるパース・アリーナにてUFC 221が開催され、メインカードの初戦でライトヘビー級のタイソン・ペドロとサパルベク・サファロフが対戦した。

地元ファンの大声援を受けて登場したペドロは強打を放ってくるサファロフにローキックで応戦したが、タックルを食らってテイクダウンを奪われる。それでも、相手の右腕を捕らえたペドロは下の状態から顔面に打ち込み、ケージを生かして立ち上がると、膝蹴りを決めた。打ち合いの後、サファロフのタックルを今度は華麗に退けたペドロがテイクダウンを狙うも反撃にあってダメージを負ってしまう。さらにテイクダウンされたペドロは背後を取られてパウンドを浴びたが、ケージに押し込まれた際にキムラの体勢に入り、タイミングを取って反転、ペドロのキムラロックががっちり決まり、サファロフからタップを引き出して一本勝ちとなった。

ライトヘビー級マッチ
○タイソン・ペドロ vs. サパルベク・サファロフ●
1ラウンド(3分54秒)サブミッション(キムラ)

タイソン・ペドロ


「バッチリだったね。相手に何度かテイクダウンを取られてしまったし、あきらめていないのも分かっていた。だから、相手の手がゆるくなったタイミングで、特に練習をしていたわけじゃないんだけど、相手がそこまで足の低い位置にくるとは思わなかったから、うまく奪い返して腕を取ろうとしたんだ。あれ以上いくつもりはなかった。第2ラウンドに持ち込みたくもなかった。前回の試合は第3ラウンドでダウンしてしまったから。海外で試合をするのが好きだけど、今はオーストラリアでこのスポーツが発展しているところだから、みんなをがっかりさせたくなかった。観客のみんなが盛り上がり、ボルテージが上がっているのを感じたから、自分はあまり興奮しすぎないように気をつけたけど、あれにはまいったね」

Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY