モラスとフルラウンドを戦い、判定勝ちを収めたプディロヴァ

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・オースティン:サラ・モラス vs. ルーシー・プディロヴァ【アメリカ・テキサス州オースティン/2018年2月18日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・オースティン:サラ・モラス vs. ルーシー・プディロヴァ【アメリカ・テキサス州オースティン/2018年2月18日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間2月19日(月)、アメリカ・テキサス州オースティンのフランク・アーウィン・センターでUFCファイトナイト・オースティンが開催され、サラ・モラス対ルーシー・プディロヴァの女子バンタム級マッチが行われた。

序盤、ヘッドキックをキレイに当てたモラスはそのまま組み付いてテイクダウンを奪い、マウントポジションを確保してエルボーを打ち込んでいく。必死に抵抗するプディロヴァも相手の体を足でがっちりと押さえ込むが、パワフルなパウンドやエルボーを受け続けた。大きな動きがなくなったのを見たれフェリーがブレイクを命じ、スタンディングに戻った直後、今度はプディロヴァがモラスに右のストレートをヒットさせてダウンを奪う。優位な体勢を手に入れたプディロヴァが一気に反撃に出る一方、下からはモラスがアームバーを狙って決めにいくも、どちらもフィニッシュは決められていない。

互いに疲労の色が見える中、第2ラウンドは組み付いたモラスをプディロヴァが押し倒す形でグラウンドゲームに展開。モラスに体を固められながらも懸命に打ち込んでいったプディロヴァだが、決定的な場面につなげられず、残り30秒ほどで体を離してスタンディングに戻した。直後、プディロヴァがコンビネーション技を決めてダウンを奪い、数発を打ち合ってラウンド終了。

最後のラウンドは打撃戦が繰り広げられ、両者が有効打を稼いでいった。勢いを見せたのはプディロヴァだったが、残り2分を切ってからモラスがタックルを仕掛け、マウントポジションを取る。プディロヴァの抵抗を受けて技に入れなかったモラスは終盤、プディロヴァに体勢を入れ替えられるも何とかしのいでいる。

判定の結果、3名のジャッジはいずれもプディロヴァの勝利を支持した。

女子バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●サラ・モラス vs. ルーシー・プディロヴァ○
判定3-0(28-29、28-29、27-29)

ルーシー・プディロヴァ


「私のニックネームは“ブレット”っていうの。意味は死ぬまで戦う。オクタゴンに長くとどまって勝ち続けるのもそれが理由。これまでいろんな人からアームバーを仕掛けられたけど、誰一人、成功させられていない。次の相手が誰なのかは分からないけど、UFCが用意してくれるのを待つわ」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY