シェルトンに判定勝ちしたペレス、計量ミスを謝罪

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・オーランド:エリック・シェルトン vs. アレックス・ペレス【アメリカ・フロリダ州オーランド/2018年2月24日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・オーランド:エリック・シェルトン vs. アレックス・ペレス【アメリカ・フロリダ州オーランド/2018年2月24日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間2月25日(日)、アメリカ・フロリダ州オーランドのアムウェイ・センターでUFCファイトナイト・オーランドが開催され、フライ級のエリック・シェルトンとアレックス・ペレスが対戦した。

ローキックで最初の一手を打ったペレスに対し、シェルトンはステップを踏みながらジャブを放っていく。ジャブを浴びつつもテイクダウンを成功させたペレスはシェルトンの体を押さえつけながら強烈なエルボーを見舞っていったが、シェルトンが難を逃れてスタンディングに戻った。シェルトンは膝を入れて攻撃を組み立てようとするも、ペレスが要所で有効打を重ねて削っていき、ラウンド残り15秒を切って再びテイクダウンに持ち込んでいる。

ペースをつかみたいシェルトンは第2ラウンド序盤から積極的に動くも、右ストレートを当てたペレスがシェルトンをケージに押し込むなど優位な展開に持ち込む。テイクダウンしてマウントポジションを取ったペレスは相手の動きを封じながらフィニッシュを狙っていったが、大きな流れには発展しなかった。

最終ラウンドでもペレスがテイクダウンして優位に試合を運ぼうとする。スタンディングに戻ってからはシェルトンがジャブを当てて攻めるも、ペレスのテイクダウンを食らってまたも劣勢に。ただ、ペレスも決めきれずに勝負の行方は判定に持ち込まれた。

結果、ユナニマス判定でペレスが勝利をもぎ取っている。

フライ級マッチ 5分3ラウンド
●エリック・シェルトン vs. アレックス・ペレス○
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

アレックス・ペレス


「最高の栄養管理会社のひとつであるパーフェクティング・アスリートと取り組んでいるんだけど、出発した時は140パウンド(約63.50kg)あって、予想よりも2パウンド重かったんだ。でも、LAで朝の8時から夜の11時まで足止めされて、練習ができなかったから、とにかく水を飲んで食事もして健康状態を保つしかできなかった。プロとして言い訳はしない。ただ、必死に残りの0.5パウンドを落とそうとしたけどダメだったんだ。エリックと彼のチームには申し訳ないと思っている。俺のミスだった。勝利はいつだって気分がいいし、すべてのハードワークが報われる。修正すべきところがいくつかあるけれど、すぐにまた試合ができることを願っている」

Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY