ヤヒーラ、天に召された母に捧ぐ快心の一本勝ち

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・オーランド:ハニ・ヤヒーラ vs. ラッセル・ドゥアン【アメリカ・フロリダ州オーランド/2018年2月24日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・オーランド:ハニ・ヤヒーラ vs. ラッセル・ドゥアン【アメリカ・フロリダ州オーランド/2018年2月24日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間2月25日(日)、アメリカ・フロリダ州オーランドのアムウェイ・センターでUFCファイトナイト・オーランドが開催され、ハニ・ヤヒーラ対ラッセル・ドゥアンのバンタム級マッチが行われた。

開始早々にダブルレッグからテイクダウンを取ったヤヒーラはマウントポジションを確保して両脇の下から腕を回して相手の動きを封じ込め、徐々にプレッシャーを強めながらチョークを狙う。反撃できない状態にもかかわらず必死に耐えたドゥアンはチョークの難を逃れ、何とか立ち上がろうともがいた。覆いかぶさるヤヒーラがドゥアンの背中に膝蹴りを食らわせてしまい、レフェリーの注意を受けている。

第2ラウンドはドゥアンがチョークを仕掛ける場面もあったが、ヤヒーラに返されて一転、不利な状況に追い込まれる。背後にまわり、下から三角絞めで体を押さえつけたヤヒーラはパウンドを浴びせながらチョークを仕掛けるタイミングを図った。必死に抵抗するドゥアンはヤヒーラを背負ったまま立ち上がり、セコンドに近寄って助言を受けつつ、最後は背負投の格好でヤヒーラをオクタゴンに打ち付けた。

ただ、ペースは完全にヤヒーラにつかまれており、ドゥアンが蹴り上げた足を捕らえてテイクダウンに持ち込んだヤヒーラはドゥアンに優位なポジションを与える瞬間もあったが、見事なスキルでそれを返すとすぐさまアームトライアングルの体勢を作り、ドゥアンからタップを引き出した。

バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○ハニ・ヤヒーラ vs. ラッセル・ドゥアン●
3ラウンド(2分32秒)サブミッション(ヘッドアンドアームチョーク)

ハニ・ヤヒーラ


「母を亡くしたことで今日はもっと集中できた気がする。母はいつも自分のモチベーションを高めてくれる1人だったし、支えてくれる人だった。この状況で戦ってほしくなかったと思う。母はいつも自分の試合を見に来てくれた。今日は母のためにここに来た」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY