キャラウェイに打ち勝ったステーマン

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 222:ブライアン・キャラウェイ vs. コーディ・ステーマン【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 222:ブライアン・キャラウェイ vs. コーディ・ステーマン【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間3月4日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-MobileアリーナにてUFC 222が開催され、バンタム級のブライアン・キャラウェイとコーディ・ステーマンが対戦した。

早々にテイクダウンを狙ったキャラウェイがプレッシャーをかけていくも、うまく対応したステーマンが押し返す。しかし、タックルからテイクダウンに持ち込んだキャラウェイがマウントポジションを確保し、ラウンド終了まで優位な展開に持ち込んだ。

第2ラウンドにはステーマンの豪拳もさく裂。それに耐えたキャラウェイが相手のアゴを狙ったジャブを打ち込み、徐々にダメージを負わせていく。ラウンド終盤には再びキャラウェイがステーマンをケージに押し込むも確実に退け、ボディショットを食らいはしたものの、最後はパンチの応酬を繰り広げた。

ステーマンを仕留めようと残る力を振り絞って大きなパンチを繰り出すキャラウェイだが、ステーマンにかわされてヒットしない。相手が前に出ようとするタイミングでタックルを狙うキャラウェイはなかなかグラウンドゲームに持ち込めず、ローキックを挟みながらチャンスを待つ。どちらも疲れが見えた最終ラウンド終了間際、数発を打ち合った後、ステーマンのタックルをつぶしたキャラウェイが反転してギロチンチョークを仕掛けたところで試合終了を告げるホーンが鳴った。

結果はスプリット判定でステーマンがバンタム級ランキング7位のキャラウェイを撃破している。

バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●ブライアン・キャラウェイ vs. コーディ・ステーマン○
判定2-0(29-28、28-29、29-28)

コーディ・ステーマン


「当然、キャラウェイはタフな相手だ。最初のラウンドを取られたのは分かっていたから、第2ラウンドと第3ラウンドは巻き返さないといけなかったし、それが自分のゴールだった。ジャッジがどんな判定を下すかは誰にも分からない。だから、ブルース・バッファーのスプリット判定というコールを聞いてドキドキしていたけど、どちらのラウンドも自分が取ったと思っていたから、勝利できてうれしい。もっとうまくなっていきたいんだ。これでトップ10入りは堅いと思うから、また自分より上位のランカーとやりたい。タイトルに向けてね。それが目標だ。だからこそここにいる。俺がほしいのはタイトルだ」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY