ロンバードの反則失格によりダラウェイが勝利

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 222:C.B.ダラウェイ vs. ヘクター・ロンバード【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 222:C.B.ダラウェイ vs. ヘクター・ロンバード【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間3月4日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-MobileアリーナにてUFC 222が開催され、C.B.ダラウェイ対ヘクター・ロンバードのライトヘビー級マッチが行われた。

ボディショットを狙っていくダラウェイに対し、攻撃のタイミングで足を捕らえて反撃のチャンスをうかがおうとするロンバードは相手が近づいたところでワンツーやジャブを当てていく。第1ラウンド終盤は様子見の時間が長く、どちらもあまり手を出さなかったが、残り10秒の合図を聞いて距離を詰めると互いに強打を見舞い、ホーンが鳴ると同時にロンバードが右パンチを相手のアゴに当て、ラウンド終了が告げられたにもかかわらず、左フックを打ち込んでしまう。これがダラウェイにクリーンヒット。尻餅をついてダウンしたダラウェイは理解できないといった表情を見せていた。メディカルチームはダラウェイのダメージが大きいと見て試合続行は不可能と判断。ロンバードは反則失格となり、ダラウェイが対戦相手の失格により勝利した。

ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド
○C.B.ダラウェイ vs. ヘクター・ロンバード●
1ラウンド終了時点での失格勝利(相手の反則)

C.B.ダラウェイ


(コメントなし)
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY