ムニョスを退けたドッドソン、トップコンテンダーとの試合を要求

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 222:ジョン・ドッドソン vs. ペドロ・ムニョス【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 222:ジョン・ドッドソン vs. ペドロ・ムニョス【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間3月4日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-MobileアリーナにてUFC 222が開催され、バンタム級ランキング8位のジョン・ドッドソンと同10位のペドロ・ムニョスが対戦した。

ムニョスは序盤から積極的にドッドソンに仕掛けていくが、ドッドソンは後退しながらローキックやジャブを繰り出して有効打を稼ぐ。ムニョスのミドルキックを退け、逆にストレートを見舞ったドッドソンが徐々にペースをつかみ始める。

第2ラウンドもムニョスがプレッシャーをかけるも、ドッドソンはケージをうまく使ってムニョスにボディショットを放っていく。さらに素早い攻撃を組み立て、コンビネーション技を繰り出したドッドソン。その後、ムニョスの足蹴りを捕らえてジャブを見舞うドッドソンだったが、ラウンド終了間際に金的蹴りを食らっている

最終ラウンド開始早々にもムニョスは金的蹴りで注意を受けた。3発続けて左ジャブを放つなど読みにくい動きを見せるドッドソンは広いオクタゴンを最大に生かしてムニョスを追い込んでいった。それでも、ムニョスも時折、鋭いパンチを見舞うなど好パフォーマンスを披露し、残り1分を切ろうかというところでテイクダウンに打って出る。ドッドソンを引きずり下ろしたムニョスだが、背中をマットにつけることはできず。最後はスタンディングに戻り、互いに残る力を振り絞って強烈なパンチを打ち合った。

3名のジャッジは判断が別れたものの、ドッドソンがスプリット判定で勝利をもぎ取っている。

バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○ジョン・ドッドソン vs. ペドロ・ムニョス●
判定2-1(28-29、30-27、29-28)

ジョン・ドッドソン


「もちろん、勝てたことは本当にうれしいけど、スプリット判定にしたジャッジが何をどう見ていたのかまったく分からない。圧倒的だったでしょ。3ラウンドとも俺が取った。以上。自分のパフォーマンスの秘けつはこれ、周りにいてくれるコーチたちだ。世界一のチームとトレーニングしているし、彼らがいてくれるからオクタゴンで自分の前に立ちはだかるすべての相手を打ちのめすことができるんだ。俺を止めたければこの階級のトップコンテンダーとやるしかないね。俺が一番タフな試合をするっていうのはみんな知っているでしょ。だからこそ、すでにチャンピオンを視野に入れている。次の試合はチャンピオンか、その試合につながる誰かとやりたい。TJ(ディラショー)がデメトリアス(ジョンソン)とやらないんだったら、世界で2番目のヤツと戦えばいい。そう、俺のことさ」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY