ヨーダーを下したダーンがUFC初勝利

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 222:アシュリー・ヨーダー vs. マッケンジー・ダーン【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 222:アシュリー・ヨーダー vs. マッケンジー・ダーン【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間3月4日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-MobileアリーナにてUFC 222が開催され、女子ストロー級のアシュリー・ヨーダーとマッケンジー・ダーンが対戦した。

開始早々、強烈な左の一撃を食らわせたヨーダーに対し、ダーンもすぐに対応してケージ際に押し込んでいく。スタンディングに戻ると力強いボディキックを放つヨーダーに、ダーンも打撃を繰り出していくが、すぐにまたクリンチを仕掛けてケージ際の攻防に持ち込んだ。

サウスポースタンスに切り替えたヨーダーは直後に左ストレートをヒットさせるも、距離を詰めたダーンにケージに押し込まれ、思うように攻撃を組み立てられない。それでも、ラウンド中盤にヨーダーの左がダーンを直撃してダウンを奪う。フィニッシュには至らなかったものの、ダメージを負ったダーンは明らかに動きが鈍った。ヨーダーはダーンのテイクダウンも退けて最終ラウンドを迎えている。

ダーンは第3ラウンド序盤に右の強打を当ててヨーダーをケージに追い込み、アッパーカットで攻め込むも、うまく切り返したヨーダーが連打を見舞って反撃。しかし、ついにテイクダウンを成功させたダーンがヨーダーの背後にまわり、首を取ってリアネイキドチョークを狙う。必死にもがくヨーダーはあわやフィニッシュかと思われる場面もあったが、危機一髪を脱して試合終了を告げるホーンを聞いた。

結果はスプリット判定でダーンに軍配が上がっている。

女子ストロー級マッチ 5分3ラウンド
●アシュリー・ヨーダー vs. マッケンジー・ダーン○
判定2-1(29-28、28-29、28-29)

マッケンジー・ダーン


「ここに来られて本当にうれしいし、UFC初勝利にも満足している。もちろん最高の気分よ。自分に厳しいタイプだから、一本を取りたかったんだけど。柔術家だから、常にそれを目標にしているし、取れなければがっかりもするけれど、柔術以上の力だってあるから、スタンディングでの戦いも楽しいし、今日は自分のもうひとつの部分を見せられてよかった。最初のラウンドで重いパンチをかなり当てていけたから、そのことは誇りに思っている。このスポーツで必要なあらゆる部分を改善していきたい。今日の試合では自分がいろんな技を持った総合格闘家になるために必死にがんばっていることを見せられたはず。また試合したいし、待ちきれない。UFC 224が行われるリオで戦いたい。ブラジルは地元のひとつだし、リオでUFCの試合ができれば名誉なことよ」
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY