ジンガノを蹴散らし、タイトル戦を要求するヴィエラ

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 222:キャット・ジンガノ vs. ケトレン・ヴィエラ【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 222:キャット・ジンガノ vs. ケトレン・ヴィエラ【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間3月4日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-MobileアリーナにてUFC 222が開催され、メインカードの初戦で女子バンタム級のキャット・ジンガノとケトレン・ヴィエラが対戦した。

序盤はジンガノがテイクダウンを取る場面もあったが、全体的にはスタンディングの展開に。ジンガノの強烈なパンチやボディキックを食らったヴィエラも第1ラウンド終盤にテイクダウンに持ち込み、ラウンド終了までマウントポジションを取り続けた。

勢いに乗るヴィエラはジンガノが前に出たところを投げ倒して優位な体勢を確保すると、肩固めを狙いながらボディショットを放つ。一度はジンガノに逃げられてしまったものの、立ち上がらせずに再びマウントポジションについたヴィエラが終始コントロールする形で第2ラウンドが終了。

巻き返しを図りたいジンガノは最後のラウンド開始と同時に打ち込んでいくも、ローキックを放った時に足を痛めてしまった様子。ヴィエラが確実に対応し、ここでもグラウンドゲームに持ち込んだ。しばらく攻防が続いていたものの、ジンガノが立ち上がり際にヴィエラの背後に回って打撃を繰り出す。明らかにダメージを負った様子のヴィエラだが、必死に立ち続け、ジンガノをケージ際に押し付けて反撃のチャンスを探る。レフェリーがブレイクを指示した後、ジンガノがさまざまな足技を繰り出してヴィエラを追い詰めていった。

結果はヴィエラのスプリット判定勝ちとなっている。

女子バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●キャット・ジンガノ vs. ケトレン・ヴィエラ○
判定2-1(28-29、29-28、28-29)

ケトレン・ヴィエラ


「今日の試合はかなりどん欲にいった。この階級のトップにいるんだってことを示したかったし、次はタイトルマッチにふさわしいことも証明したかった。判定がスプリットだと聞いた時はかなり驚いたけどね。コーチからは3回のラウンドとも私が取ったと聞いていたし、私自身、そうだと感じていたから。ただ、キャットは本当にタフな人。それに、ジャッジがどう判断するかは決して分かることじゃない。彼女はものすごく強いしね。ただ、私も世界トップの一人だと思っているし、次はタイトルに挑戦するにふさわしいとも思っている。アマンダ(ヌネス)のことは心から尊敬しているの。同じブラジル出身だしね。彼女は本当に素晴らしいチャンピオンだし、素晴らしい人でもある。だけど、チャンピオンになるという夢以上に大事なことはないわ」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY