接戦のヘビー級戦はアルロフスキーがストルーフェに勝利

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 222:ステファン・ストルーフェ vs. アンドレイ・アルロフスキー【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 222:ステファン・ストルーフェ vs. アンドレイ・アルロフスキー【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2018年3月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間3月4日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-MobileアリーナにてUFC 222が開催され、ステファン・ストルーフェ対アンドレイ・アルロフスキーのヘビー級マッチが行われた。

高身長のストルーフェに対して足元から崩そうと狙うアルロフスキーは距離を詰めてオーバーハンドライトをヒットさせるなどペースをつかみ、テイクダウンを取る。長く攻めることはせずにスタンディングに戻したアルロフスキーはストルーフェに接近を許して連打を浴びそうになるも、組み付いて再びテイクダウンに持ち込んだ。立ち上がったアルロフスキーと寝転んだままのストルーフェの様子を見てレフェリーがブレイクを指示し、再開の後、組み付いた状態となるも、第1ラウンド終盤にアルロフスキーがストルーフェを倒した。

第2ラウンドもアルロフスキーのテイクダウンで優勢に進むかと思われたが、ストルーフェが巻き返して背後を取る。ただ、体を持ち上げようとするもうまくいかず、アルロフスキーが体を返して再び組み付き状態に。アルロフスキーがストルーフェの足元を崩しにかかったが、これも大きな展開にはつながらない。ストルーフェの指がアルロフスキーの目に入って一時休止してしまったが、無事に再開されている。

こう着状態が続いた最終ラウンドにはアルロフスキーがアイポークを取られてしばし試合がストップする。再開直後にアルロフスキーの右の豪拳がさく裂したが、ストルーフェは倒れることなく攻撃を続けた。アルロフスキーがテイクダウンを成功させるも次につながらず、スタンディングに戻って打ち合った後、試合終了を迎えている。

3名のジャッジはいずれもアルロフスキーの勝利を支持した。

ヘビー級マッチ 5分3ラウンド
ステファン・ストルーフェ vs. アンドレイ・アルロフスキー
判定3-0(28-29、27-30、28-29)

アンドレイ・アルロフスキー


「もちろん、今日の試合に勝ててうれしいけれど、自分に対しては常に一番厳しくありたい。グラップリングやテイクダウンには満足している。打撃を多く当てられたことも満足だ。ただちょっとイライラしている。フットワークとかいろいろダメだったところもある。でも、今日は勝利を危うくすることもなかった。試合では革新を見せたいと思っているし、長くやっているとはいえ、成長し続けたいと思っている。ジムに戻って格闘家として成長できることを楽しみにしている。UFCのために戦っているから、要請があればいつだっていく。ただ、自分より上位にランキングされている人と戦って、タイトル奪還への道を突き進みたい」
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY